シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
あんず油 ヘアコンディショナー
(ジュン・コスメティック
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

あんず油 ヘアコンディショナー

ジュン・コスメティック


楽天市場で購入!
あんず油 ヘアコンディショナー のオススメレベル

あんず油 ヘアコンディショナー の解析結果

特別なことはない、むしろデメリットも。


全体としてはどんな製品になっているでしょうか。
ベースはミネラルオイル、パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
水添ポリイソブテンはエモリエント性、増粘性、光沢を与える効果。
ベヘントリモニウムクロリドがしっとり系のコンディショニング効果を付与。
アンズ核油は杏仁豆腐にも使われる甘い香りのオイルで、エモリエント効果を付与。
カチオン化ヒアルロン酸が保湿力を、オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
その他、保湿成分や乳化剤、カチオン界面活性剤などで構成。質はやや高くないものが多い後半。
総合すると、アンズ核油の香りをユニークとして、ベタつきを抑えた油分補給という効能と見ます。
殺菌にヒノキチオールを採用していて、肌の弱い人には少し刺激。
保湿効果をいくつかの角度から補給できますので、髪の滑らかさは補給が期待できるでしょう。
ただし、あまり持続性や即効性は乏しく、あまりコンディショナーに多くを求めない方向けと見ます。
[PR]

あんず油 ヘアコンディショナー の全成分:

水、ミネラルオイル、セタノール、DPG、パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチン酸イソプロピル、水添ポリイソブテン、ベヘントリモニウムクロリド、アンズ核油、ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアルロン酸、ヒノキチオール、オタネニンジンエキス、センブリエキス、ベタイン、グリセリン、BG、ココイルアルギニンエチルPCA、コカミドDEA、ステアリン酸グリセリル(SE)、変性アルコール、ベヘントリモニウムメトサルフェート、セテアリルアルコール、ステアリルトリモニウムブロミド、イソプロパノール、キサンタンガム、クエン酸、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるミネラルオイルは石油原油を蒸留し固形パラフィンを除去した炭化水素系油剤。
皮膚によく延び、浸透性がないため無刺激。油との相溶性が強く、クレンジング基剤としても広く使われる油剤。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
アンズ核油はオレイン酸、リノール酸を多く含むエモリエントな感触のオイル。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
ベヘントリモニウムメトサルフェートは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触を与えながら指通りを改善します。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
楽天市場で購入!

    あんず油 ヘアコンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:1
  • 持続性:2
  • 安全性:2
  • 即効性 2
  • 費用対効果:3

  • 容量/500ml
  • 価格/735円
  • 1mlあたり/1.47円

あんず油 ヘアコンディショナー の宣伝文,商品説明:

ノンシリコン・髪いきいき!
天然あんず油(保湿成分)配合のノンシリコンコンディショナーです。
あんず油の被膜効果により髪のダメージ進行を防ぎます。
ヒノキチオール、センブリエキス、ニンジンエキス(保湿成分)が頭皮を柔軟にし、髪を健やかに保ちます。
ノンシリコン処方により髪のさらさら感を持続させます。
弱酸性・無着色
あんずの香り