シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アブリーゼ ナチュラルオーガ ヘアパック AG
(パシフィックプロダクツ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガ ヘアパック AG

パシフィックプロダクツ


アブリーゼ ナチュラルオーガ ヘアパック AG のオススメレベル

アブリーゼ ナチュラルオーガ ヘアパック AG の解析結果

保湿性はまずまずですが、ヘアパックというほどカバー力無し。


全体的になにやら頭皮に良いエキスを中心としているような造りで、

かといって頭皮に対して優しい処方でもない、どっちつかずな造りであることがわかります。
サフラワー、マカデミアナッツ、ゴボウは保湿ですが、トウキンセンカ、アルテア、ローズマリー、ムラサキバレンギクと抗炎症、抗菌、血行促進といった特徴のエキス。
毛髪に対しては、微量でリピジュア、疑似セラミドが配合、その他、4級カチオン界面活性剤のベヘントリモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、エモリエント性のアモジメチコンなどで構成。

使用感は「しっとり」ですが、
毛髪コンディショニング効果はあまり高いとは言えません。
頭皮に対しても刺激性が高いので、直接付けられるようなものではありません。
髪だけにパックするには、エキスが無駄になるし、そういう意味で残念な製品と言って良いでしょう。
多少の保湿、滑らか効果は期待できますが、いまひとつ満足感は得られそうにない内容。

[PR]

アブリーゼ ナチュラルオーガ ヘアパック AG の全成分:

セタノール、水、ベヘントリモニウムクロリド、ジメチコン、BG、ステアリン酸グリセリル、イソプロパノール、ハイブリッドサフラワー油、マカデミアナッツ油、ゴボウ根エキス、トウキンセンカ花エキス、アルテア根エキス、ローズマリーエキス、ムラサキバレンギクエキス、ポリクオタニウム-51、ステアルトリモニウムクロリド、ジステアリルジモニウムクロリド、アミノプロピルジメチコン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ラウレス-4、ラウレス-23、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、香料、カラメル、クチナシ黄、トコフェロール、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ハイブリッドサフラワー油はベニバナの交雑種の種子から得たオイルで、エモリエントなタッチと、保護膜を形成し乾燥を防ぐ効果。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
ゴボウ根エキスはコラーゲン産生促進、抗炎症作用、収れん作用、発汗作用、脱毛防止、抗菌作用。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
アルテアエキスは保湿性が非常に高い成分で、別名ウスベニタチアオイ、ビロウドアオイとも呼ばれます。
ムラサキバレンギクエキスは免疫増強作用。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
ジステアリルジモニウムクロリドはカチオン界面活性剤として髪への吸着性がよく保護作用が高い。抗菌作用も持つ。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
アミノプロピルジメチコンがエモリエントな感触を与えるコーティング剤。
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)は優れたラメラ液晶形成能を持ち、抱水性、保湿性、皮膚のバリヤ機能を改善。

    アブリーゼ ナチュラルオーガ ヘアパック AG の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/220ml
  • 価格/1890円
  • 1mlあたり/8.59円

アブリーゼ ナチュラルオーガ ヘアパック AG の宣伝文,商品説明:

人と自然環境にやさしいオーガニックハーブの原料を使用したヘアサロン向けトリートメントです。
ダメージヘアを補修・保護し、天然の植物成分が毛先まで潤いを与え、ハリとツヤのある美しいしなやかな髪に仕上げます。