シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アクアカバー ミルク PLUS
(ディアテック
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アクアカバー ミルク PLUS

ディアテック


アクアカバー ミルク PLUS のオススメレベル

アクアカバー ミルク PLUS の解析結果

潤い長持ちタイプとのことですが、これはちょっと微妙です。

上位にカチオン界面活性剤が含まれ、洗い流さないトリートメントとしてはちょっと刺激的です(ベヘントリモニウムクロリド自体は毒性が低いのですが、洗い流す場合には,です)。
そしてセタノールも肌の弱い人にはちょっとだけ心配があります。
それ以外はノーマルミルクと同じですが、
確かに潤いや質感は長持ちするかもしれませんが、肌に優しくないという犠牲を払ってしまうので評価は下がります。

感触やコーティング力は圧巻ながら、リスキーですね。


[PR]

アクアカバー ミルク PLUS の全成分:

水、パルミチン酸エチルヘキシル、ベヘントリモニウムクロリド、ステアリルアルコール、
セタノール、ジメチコン、フランスカイガンショウ樹皮エキス、アセチルヒアルロン酸Na、テトラヘキシルテカン酸アスコルビル、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、ポリアクリル酸Na、ポリクオタニウム-61、アルギニン、ココイルアルギニンエチルPCA、グリシン、グルタミン酸、セリン、リシンHCI、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、
アロエフェロックス葉エキス、ヒドロキシエチルセルロース、BG、グリセリン、ジステアリルジモニウムクロリド、トコフェロール、ラウレス-2、ラウレス-21、エタノール、イソプロパノール、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるパルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
セタノールはセチルアルコールとも呼ばれるパーム・ヤシ油由来の飽和高級脂肪酸(要するに、脂です)。乳化物の安定性を高める効果が優れ、過脂肪剤、油性基剤として用いられます。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
フランスカイガンショウ樹皮エキスは有効成分ピクノジェノールを含有。皮膚から浸透し、コラーゲン、エラスチンと結合して保護する作用、抗菌・抗酸化・抗ニキビ・抗炎症作用を付与。
アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)は、アセチル基を持つ構造により肌と親和性を高め持続性を持たせています。ヒアルロン酸の2倍に及ぶ水分保持能力。
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)は油溶性ビタミンCで、経皮吸収と安定性に優れた抗酸化剤。抗老化、美白、抗アクネ菌、コラーゲン産生促進、抗炎症作用を付与。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー(Protesil LH)はシルクとPGシラン化合物の架橋型ポリマーで、しっとり&さらさらな感触。ビルドアップせず、カラーロック効果も。
ポリクオタニウム-61(リピジュア NR)は人の細胞膜を構成するリン脂質をモデルにした水溶性ポリマー。ヒアルロン酸の2倍の保湿力と持続性を持ち、生体適合性を持つ安全性の高い成分です。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
紫外線吸収剤のメトキシケイヒ酸エチルヘキシル配合。
アロエフェロックス葉エキスはケープアロエの葉から得たエキスで、美白作用、抗男性ホルモン、脱毛防止効果などを付与。

    アクアカバー ミルク PLUS の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:4.1

  • 潤滑性 5
  • 効果の深さ:4.5
  • 補修力:4.5
  • 持続性:4.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 4
  • 費用対効果:4

  • 容量/100ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/16.2円

アクアカバー ミルク PLUS の宣伝文,商品説明:

潤い長持ちタイプ
乾髪の方に。
パーマやカラーのダメージで
パサツキや乾燥が気になる方にお勧めです。
5種のアミノ酸がダメージ部を補強。
髪の内部に潤いと、
髪の表面からやわらかさをプラスします。
しっとり潤い、べたつかずに潤いが長持ちするタイプの
洗い流さないトリートメントです。
乾髪とは……
主に薬剤によってダメージされている方をさします。
コールドパーマやカラーリングをされている方や
スイミングをされる方は塩素によって、
オフィスワークをされている方は
エアコンなどによってダメージを受けるため、
乾髪になります。
パサつきがちな乾髪には、ミルクタイプがオススメ!
髪の内側からしっかり潤いキープ!