シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アロマベラ アロマティックコンディショナー リラクゼーション
(日本香堂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アロマベラ アロマティックコンディショナー リラクゼーション

日本香堂


アロマベラ アロマティックコンディショナー リラクゼーション のオススメレベル

アロマベラ アロマティックコンディショナー リラクゼーション の解析結果

ノンシリコン処方の滑らか系コンディショナー。


ベースにジグリセリン、ナタネアルコール、ベタインといったややしっとり感を付与する感触のベース。
アルキル(C12.14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCLは滑らかさが特徴的な成分ですし、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油といったエモリエントな感触を与える油剤も配合。

ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖は使用感ではなめらかさを与え、仕上がりにツヤ感が特徴的な保湿成分。

カチオン化ハチミツも同様にエモリエント作用。デンプンも保湿効果。

全体としては、ノンシリコンのコンディショナーの中では比較的良好な使用感を感じられるタイプです。
シリコンほど滑りの即効性はありませんが、エモリエントな潤滑性という点では実用に耐えうるレベルと言えます。
しっとり感を重視したコンディショナーをお探しならば悪くない選択肢と見ていいでしょう。
肌にも優しい点が好感度高いですね。

[PR]

アロマベラ アロマティックコンディショナー リラクゼーション の全成分:

水、ジグリセリン、水添ナタネ油アルコール、BG、ベタイン、アルキル(C12.14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCL、トリ(カプリル酸/カプリン酸/ミリスチン酸/ステアリン酸)グリセリル、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、ホホバ種子油、ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖、ステアリルアルコール、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー、ヒドロキシエチルセルロース、塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン、PG、エタノール、香料、ココイルグルタミン酸、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

主な成分の解説をみる水添ナタネ油アルコールはエモリエント効果、保護効果、光沢を与える乳化剤、油性基剤。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ステアリルジヒドロキシプロピルジモニウムオリゴ糖はダメージ毛のパサつきを改善するとともに、適度な硬さ(粘度)が使用感を高めるカチオン界面活性剤。
塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプンはじゃがいも由来のポリマーで、でんぷんの凹凸が吸着膜を作り、毛髪表面に平滑性、ツヤを付与。