シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アルソア ティネ リンス
(アルソア
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アルソア ティネ リンス

アルソア


アルソア ティネ リンス のオススメレベル

アルソア ティネ リンス の解析結果

肌にマイルドである点だけは良く、他は凡庸。


単にカチオン界面活性剤が若干マイルドで、頭皮への刺激性が低いという意外に取り柄があまりない一品です。

リンス、という比較的ライトなカテゴリだからと言われれば仕方ありませんが、
単純に髪の潤滑性を高めたい、という望みにはさほど応えられないであろう設計です。

べたつかず、さらっとライトに髪に油分補給というイメージで、
それ以上のことを果たす内容ではなく、逆に言えば多くを望まないマイルド志向向けの製品であるのでしょう。

そういう意味では安心感は高く、肌荒れの心配はほとんどないようなものです。

まとめ

低刺激であれば軽い効能でよい、という方向け。

[PR]

アルソア ティネ リンス の全成分:

常水,BG,ベヘニルアルコール,ジメチコン,ステアリン酸グリセリル,ステアラミドエチルジエチルアミン,オクチルドデカノール,ホホバ油,パルミチン酸イソプロピル,アミノプロピルジメチコン,ヒドロキシステアリン酸グリセリル,オレイン酸グリセリル,イソステアリン酸ポリグリセリル-4,ジナタネ種子油脂肪酸エチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,グリコシルトレハロース,加水分解水添デンプン,褐藻エキス,センブリエキス,オタネニンジンエキス,ヒキオコシエキス,クララエキス,甘草エキス,トコフェロール,クエン酸,リン酸,精製水,DPG,エタノール,フェノキシエタノール,香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアラミドエチルジエチルアミンは皮膚刺激が低く目などの粘膜にも穏和。クシ通りを改善する効果を持つカチオン界面活性剤。
オクチルドデカノールは薄い皮膜を形成し、さらっとしたタッチを与える油性成分。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
アミノプロピルジメチコンがエモリエントな感触を与えるコーティング剤。
ローカストビーンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは植物由来のポリサッカライドをカチオン化した成分。ダメージ部に粘弾フィルムを形成し、ユニークな保湿・平滑性を付与する。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
ヒキオコシ葉/茎エキスは抗菌、抗男性ホルモン、抗酸化作用、抗炎症作用を付与。
クララエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、線維芽細胞増殖促進作用、肌バリヤ機能強化、CMC形成促進、抗菌、脱毛防止などを付与。