シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
アユルスパ トリートメント ローズムスクの香り
(サラヤ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

アユルスパ トリートメント ローズムスクの香り

サラヤ


アユルスパ トリートメント ローズムスクの香り のオススメレベル

アユルスパ トリートメント ローズムスクの香り の解析結果

植物エキス類をメインにしたトリートメントのようで、


アンマロク果実エキス(抗酸化)、ヘンナ(コーティング)、ゴマ(保湿)など、整肌系ともいえる効果を付与しています。

ただ、それらが髪に必要がどうかは微妙。

髪に有効な部分は配合量が少ないカチオン界面活性剤やアモジメチコンで、あまりアーユルヴェーダな面は活躍せず、これらの在り来たりなリンス成分で結局はコンディショニング効果は付与。

わざわざこの製品で髪を何とかしようと思うのは、些か無駄な労力と見受けられます。
それぞれのエキスは使い様によっては機能的なのですが、この製品では何のために入っているのかわからないようなもの。

[PR]

アユルスパ トリートメント ローズムスクの香り の全成分:

水、ヘキシレングリコール、セタノール、パーム油、ジメチコン、ゴマ油、ヘンナ葉エキス、アンマロク果実エキス、タカサブロウエキス、オランダビユ果実/種子エキス、セイタカミロバラン果実エキス、ハイビスカス花エキス、クエン酸、ジココジモニウムクロリド、ステアリルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリド、アモジメチコン、BG、ステアリルアルコール、エタノール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ゴマ油は色や匂いがほとんどなく、さらっとした感触のオイル。
ヘンナエキスはヘンナという植物を乾燥させたもので、髪に皮膜を形成し、着色する効果や、髪のケラチンに親和性がありハリ・コシを与える作用を持ちます。
アンマロク果実エキスはトウダイグサ科アムラ果実より抽出したエキスで、ビタミンCが非常にリッチに含有され抗酸化作用、抗炎症作用、コンディショニング効果を付与。
タカサブロウエキスはキク科の白い花を咲かせる一年草で、育毛効果、白髪抑制効果を期待されます。
ハイビスカス花エキスはシアニジンの配糖体を含むエキスで、抗炎症、皮膚細胞の活性化を付与。さらに、ピルビン酸による整肌作用でヨクイニンのような効果。
ジココジモニウムクロリドはヤシ油脂肪酸にプラスイオンを付加して作られるカチオン界面活性剤。しなやかに指通りを改善し、静電気抑制効果を付与。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。

    アユルスパ トリートメント ローズムスクの香り の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:1
  • 持続性:2
  • 安全性:2
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/500ml
  • 価格/1200円
  • 1mlあたり/2.4円

アユルスパ トリートメント ローズムスクの香り の宣伝文,商品説明:

アーユルヴェーダオイル(ゴマ油・パーム油)が髪をつややかに
アムラ(アンマロク果実エキス)は髪と地肌を健やかに保ちます。
タカサブロウエキスは髪を健やかに保ちます。
ハイビスカス花エキスが髪と地肌のコンディションを整えます。
パラベン、動物油、鉱物油・・・無添加
皮ふ刺激テスト済み(すべての方に皮ふ刺激がおきないというわけではありません)