シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
馬油 コンディショナー
(熊野油脂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

馬油 コンディショナー

熊野油脂


馬油 コンディショナー のオススメレベル

馬油 コンディショナー の解析結果

ツヤ強調。少し持続のスムース感。


馬油と疑似セラミド(セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド)がユニークなコンディショナーですが、
それ以外の部分ではツバキ油、ミネラルオイル、シリコーンといったベースにシルク、アルギニン、ヒアルロン酸添加で、ややサラサラ感重視なリンスという特徴です。
ここに馬油、疑似セラミドのしっとり感や保湿作用が加わり、ナチュラルな保湿作用をプラスしたリンスという具合です。

総合的には凡庸なレベルのライトなコンディショナーですが、僅かに感じるユニークな成分が価値を高めている部分はあります。

スムースな仕上がりを目指す場合はまずまずという一品。

[PR]

馬油 コンディショナー の全成分:

水、ステアリルアルコール、ミネラルオイル、セタノール、グリセリン、馬油、ツバキ油、ステアルトリモニウムクロリド、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、トリデセス-3、(C12-14)パレス-5、ポリクオタニウム-10、ヒアルロン酸Na、加水分解シルク、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、アルギニン、BG、クエン酸、エチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるミネラルオイルは石油から作られたオイルで、隙間のないさらっとした被膜感が特徴のオイル。水分をあまり抱えませんが、肌の水分を逃がさない保湿作用があります。
馬油は人間の皮脂に非常に近い組成を持ち、肌なじみが優れべたつかずに高い保湿作用を付与します。その他、美肌、コンディショニング効果、創傷治癒促進、抗炎症作用などを付与。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、シリコーンとの相性が非常によく、すすぎ時の柔軟性、指通りと、乾燥後にまとまりのあるさらさら感を付与。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。