シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
BCクア フォルムコントロール ヘアマスク
(シュワルツコフ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

BCクア フォルムコントロール ヘアマスク

シュワルツコフ


BCクア フォルムコントロール ヘアマスク のオススメレベル

BCクア フォルムコントロール ヘアマスク の解析結果

潤滑性アップに寄与。


中心は羊毛ケラチン、シリル化シルク、システインとなっており、 高濃度バージョンとなっております。
もともとトリートメントタイプの方も能力が高めだったので、このヘアマスクはよりダメージ毛の方にうってつけといえるかもしれません。
レギュラートリートメントに比べて濃度が高いことと、タマリンドガム、シクロペンタシロキサン、アモジメチコンなど被膜系が配合されています。
アミノ酸各種も配合。
能力的ににはじゅうぶんにあると言えます。
シルク系とケラチン、皮膜系と、バランスよく処方され、基本的にさらさら系の仕上がりが期待されます。
[PR]

BCクア フォルムコントロール ヘアマスク の全成分:

水、グリセリン、ベヘニルアルコール、セテアリルアルコール、タマリンドガム、シクロペンタシロキサン、ステアルトリモニウムクロリド、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、アモジメチコン、加水分解ケラチン(羊毛)、コレステロール、(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、アセチルシステイン、ベヘントリモニウムクロリド、イソプロパノール、ジメチコン、パンテノール、(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー、フェノキシエタノール、ベタイン、メチルパラベン、PCA-Na、(C12-14)パレス-5、(C12-14)パレス-7、(C12-14)パレス-12、ソルビトール、セリン、グリシン、クエン酸、グルタミン酸、酢酸Na、酢酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、ヒアルロン酸Na、香料

主な成分の解説をみるタマリンドガムは豆科タマリンドから得た天然多糖の一種。低粘度、pH安定性の高いゲル化増粘剤。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー(Protesil LH)はシルクとPGシラン化合物の架橋型ポリマーで、しっとり&さらさらな感触。ビルドアップせず、カラーロック効果も。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクは加水分解シルクの潤滑作用とシリル基のツヤ、伸展性、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し毛髪を保護。
アセチルシステインは一時的に髪のS-S結合を組み直し、くせ毛の軽減、ボリュームダウン、硬毛の軟化作用などを付与します。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマーはアミノ基を導入したシリコーンで、エモリエントな感触の被膜を形成します。

    BCクア フォルムコントロール ヘアマスク の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:3.5
  • 補修力:4
  • 持続性:3.5
  • 安全性:2
  • 即効性 3.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/200ml
  • 価格/3360円
  • 1mlあたり/16.8円

BCクア フォルムコントロール ヘアマスク の宣伝文,商品説明:

アミノケラチンコンプレックス・イオニックポリマーシールドコンプレックス配合の集中ヘアトリートメントです。
ダメージを補修し、毛髪表面に疎水性の皮膜を作り、さらにキューティクルを補強し、クセで広がりやすい髪を湿気から守りながら、おさまりやすい髪に導きます。
週1-2回のスペシャルケアとしてお使いください。