シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
レオローロロマリス ブラッククリスタルトリートメント
(tada
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

レオローロロマリス ブラッククリスタルトリートメント

tada


レオローロロマリス ブラッククリスタルトリートメント のオススメレベル

レオローロロマリス ブラッククリスタルトリートメント の解析結果

良くも悪くもガツンと作用する。


カチオン界面活性剤が4級ではなく、3級にして優しくされています。
ヘマチン、ヘンナエキス個性が強く出てきそうで、髪にハリ・コシを感じさせるような構成です。

アミノ酸、シアバターも忘れてはいけません。
トリートメントとして平凡な効果かもしれませんが、
オールマイティなコンディショナー的な立場では使いようがあります。
わりとコシとツヤ、ほんのり保湿、というサラサラ系寄りのコンディショナーですので、
しっとりまとまり系がお望みの方向けではありません。
さほど指どおりも劇的に改善はしません。
ただしある程度安いのと、肌に優しい系ですのでセンシティブスキンの方にもお使いいただけます。

[PR]

レオローロロマリス ブラッククリスタルトリートメント の全成分:

水,ナタネ油アルコール,ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート,ステアラミドプロピルジメチルアミン,グリセリン,アミノコート,セタノール,加水分解コラーゲン,ヘマチン,ゴマ油,炭,黒砂糖エキス,ヨモギ葉エキス,コーヒーエキス,ゴボウエキス,褐藻エキス,シア脂,乳酸,ペンタステアリン酸ポリグリセル‐6,ミリスチン酸,サザンカ油,ベヘニルアルコール,ミリスチルアルコール,水酸化Na,メチルパラベン,プロピルパラベン,炭酸水素Na,ジメチコン,グレープフルーツ種子エキス,ヘンナ葉エキス,アルニカエキス,シナノキエキス,スギナエキス,オトギリソウエキス,セージエキス,セイヨウノコギリソウエキス,ゼニアオイエキス,カミツレエキス,トウキンセンカエキス,香料

主な成分の解説をみるジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェートは極めて高い安全性、安定性で低濃度でも優れたコンディショニング効果を付与。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
ヘマチンは主に豚の血液中のヘモグロビンからグロビンを分離したもの。髪のケラチンへの強い結合力により、毛髪補強,脱毛の抑制,活性酸素除去,チオグリコール酸(パーマ)臭除去,染毛促進などに寄与。
ゴマ油は色や匂いがほとんどなく、さらっとした感触のオイル。
ヨモギ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、皮脂の抑制、収斂作用、抗菌作用、抗炎症作用。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
グレープフルーツシードエキスは天然の防腐剤として添加されるケースがたまにありますが、シミの原因や光毒性の懸念があることや、不純物が含まれることが多いためにおすすめしません。
セイヨウノコギリソウエキス(キク科常緑多年草,=ヤロウエキス)は、アズレン、ピネン、リモネン、カンファーなどを含み抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。
ゼニアオイエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用により肌のハリを高めます。

    レオローロロマリス ブラッククリスタルトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:3.5
  • 補修力:3
  • 持続性:3.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/500ml
  • 価格/1890円
  • 1mlあたり/3.78円

レオローロロマリス ブラッククリスタルトリートメント の宣伝文,商品説明:

【天然成分でツヤのある美髪】
ダメージ補修や地肌ケアに優れ、潤いを与えてくれるヘマチンを配合。
髪の外からだけでなく内部からも補修、しなやかでハリのある髪へと導きます。
※ノンシリコン処方
※ヘマチン(保湿成分)配合