シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
CHESS(チェス)オルガニコサイド トリートメント
(モルトベーネ Moltobene
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

CHESS(チェス)オルガニコサイド トリートメント

モルトベーネ Moltobene


CHESS(チェス)オルガニコサイド トリートメント のオススメレベル

CHESS(チェス)オルガニコサイド トリートメント の解析結果

アロマティックだが、トリートメント的には弱い。


リフレッシュ効果のオレンジエキスを先頭に、乳香、ゼラニウム、ラベンダー、ティーツリーをはじめとしたエキス、オイルが並ぶトリートメント。 エキス類を除いてトリートメントとしての機能の中心はどれかと見ると、ベヘントリモニウムクロリド(しっとり系)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(べへニル /イソステアリル/フィトステリル)がそれに当たります。
全体的にシットリ感が中心の感触と見て間違いありません。
ゼラニウムをはじめバラ系のエキスがそこそこ配合され、香りも大きな特徴の1つと言える一品です。
1つのトリートメントとして見た場合、お世辞にも高機能とは言えません。
ただ、使う喜びは感じられるのではないか、という印象の作りであります。
香り、フレッシュ感、しっとり感が優しく広がるイメージで、悪いイメージを抱くようなものではありません。

[PR]

CHESS(チェス)オルガニコサイド トリートメント の全成分:

水、オレンジ果実水、セテアリルアルコール、水添ナタネ油アルコール、べヘントリモニウムクロリド、 ニュウコウジュ油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、ティーツリー葉油、オレンジ油、セイヨウニワトコ花エキス、ヨーロッパアキノキリンソウエキス、セージ葉エキス、ノバラエキス、ビルベリー葉エキス、オリーブ葉エキス、カンゾウ根エキス、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(べへニル /イソステアリル/フィトステリル)、ステアリルアルコール、べヘントリモニウムメトサルフェート、ステアリン酸グリセリル(SE)、ヒドロキシエチルセルロース、エタノール、エチルへキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、カプリロイルグリシン

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ニュウコウジュ油はフランキンセンスの木から採れる精油で、濃厚なウッディー&スパイシーな香りに僅かにシトラスが香る乳白色の樹脂オイル。去痰、抗シワ、皮脂コントロール効果などを付与。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。
ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)(plandool-G)はラノリン様の抱水力を持ち、優れたツヤ、チキソトロピー性に富む感触がリッチな油剤です。
ベヘントリモニウムメトサルフェートは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触を与えながら指通りを改善します。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。

    CHESS(チェス)オルガニコサイド トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/200ml
  • 価格/3150円
  • 1mlあたり/15.75円

CHESS(チェス)オルガニコサイド トリートメント の宣伝文,商品説明:

オーガニックの素材で人間が本来もつ自然の美しさを心身ともにリラックスしたいときや、すっきりと洗い上げたいときに。
7種のオーガニック認定ケア成分※を配合したオルガニコサイドは、これまでのオーガニック製品にはない手触りの良さが特長。

自然なボリューム感と、ツヤやうるおいを与える
オーガニックトリートメントです。 みずみずしく弾むような髪へ