シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
conohaトリートメント トリートメント解析
[スポンサーリンク]

conohaコンディショナー
1. スィートオレンジ
2. ローズマリー


サントリーウエルネス

conohaトリートメントの格付け

★★
☆☆☆

コーティング力:×
保水性:×
ダメージ補修力×
まとまり力:×
1mlあたり約7.5円
250ml/セットで3780円

conohaトリートメントの解析結果

商品説明にありますように、conohaのシャンプーは弱アルカリでキューティクルが開き、ゴワゴワするのを、こちらのコンディショナーでなんとかしようという製品です。
それなら、最初から弱酸性のシャンプー使いましょうよ?って思うのは管理人だけでしょうか。

こちらのコンディショナーはせっけんシャンプーのリンスにありがちなクエン酸リンスに毛の生えたようなもの。
石けんシャンプーだとゴワつきがかなりのものですから、こういったリンスでも感動的なほどさらさらになった気になるものです。
単にシャンプーのせいでごわついているだけなのですが...。


主な成分の解説

グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
チリアトメントサつぼみエキスは菩提樹のつぼみから抽出したエキスで、保湿・キューティクル保護、抗菌作用などを付与。
ワサビノキ種子エキスは別名モリンガと呼ばれ、マイクロプロテインの効果で肌トラブルの原因となる微粒子を除去する清浄作用を持ち、独特の滑らかな感触と肌バリヤとして働く整肌作用を付与します。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。

conohaトリートメントの商品説明:

弱アルカリ性のconohaシャンプーで髪を洗うとキューティクルが一時的に開き、キシキシ感やごわごわ感が感じられます。
十分なすすぎの後、「conoha コンディショナー」(弱酸性)を合わせてお使いいただくと、髪のキシキシ感やごわごわ感はおさまります。
conohaコンディショナーはシリコーンなどは使用せず、髪を整える自然由来のコンディショニング成分を選びました。
髪の保護には「グレープフルーツ種子エキス」と「ワサビノキ種子油」を配合。うるおい成分はトウモロコシから生まれた「トレハロース」です。コンディショナーを髪全体になじませることで、しっとりなめらかな指通りに。

conohaトリートメントの全成分

スィートオレンジ
水、セタノール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、エタノール、ベヘントリモニウムクロリド、トウキンセンカ花エキス、チリアトメントサエキス、グレープフルーツ種子エキス、ワサビノキ種子油、オレンジ油、レモングラス油、グリセリン、クエン酸、クエン酸Na、BG
ローズマリー
水、セタノール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、エタノール、ベヘントリモニウムクロリド、ローズマリーエキス、チリアトメントサエキス、グレープフルーツ種子エキス、ワサビノキ種子油、ローズマリー油、ゼラニウム油、セージ油、レモングラス油、グリセリン、クエン酸、クエン酸Na、BG