シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
キューティフィックス ヘアトリートメント
(ビアント
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

キューティフィックス ヘアトリートメント

ビアント


キューティフィックス ヘアトリートメント のオススメレベル

キューティフィックス ヘアトリートメント の解析結果

悪くありませんがアウトバストリートメントとして考えると些か負担を強いられる設計。


肌への刺激性がないことがアウトバストリートメントの条件ですが、この製品は比較的あたりの強めな成分を含みます。
しかしながら性能もなかなか高いところが悩ましいところですね。

総合すると、
まずまず効能は実感できる浸透力のある一品です。

ただし、ラウリルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリドという刺激性の高いタンパク変性作用が懸念されるカチオン界面活性剤が含んでおり、
洗い流さない製品にはやや刺激性を懸念されるに内容に。
敏感肌の方にはこの時点でNGですが、
そこそこハリ・コシ・潤い改善効果が高いので肌の頑丈な方には有益ともなる一品。

[PR]

キューティフィックス ヘアトリートメント の全成分:

水、エタノール、BG、コハク酸ジエトキシエチル、シクロヘキサン-1、4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、γ-ドコサラクトン、ヒドロキシエチルウレア、エチルヘキシルグリセリン、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、加水分解ヘモグロビン、ダイズステロール、ベヘントリモニウムクロリド、ラウリルトリモニウムクロリド、PEG-40水添ヒマシ油、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、クオタニウム-18、プロパンジオール、セテス-20、フェノキシエタノール、乳酸Na、PCA、PCA-Na、EDTA-2Na、香料

主な成分の解説をみるコハク酸ジエトキシエチルは可溶化剤、エモリエント剤として用いられます。ただ、感触改良効果やpH安定性は優れているとまではいえません。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールは毛髪への有効成分の浸透促進、優れた感触改善効果、高い安定性を持つ安全性の高い油剤です。
γ-ドコサラクトン'エルカラクトン'と呼ばれ、毛髪内部のアミノ基と結合。ハリ・コシ・ツヤと長期持続性を付与します。
ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿、キューティクル平滑効果を付与。
エチルヘキシルグリセリンは幅広い抗菌作用を持つ安全性の高いポリオール。腋臭原因菌を抑制する作用や、エモリエントなタッチ、香料の機能促進効果も。
ジヒドロキシプロピルアルギニンHClはグリセリン構造にアルギニン構造を結合させた保湿成分で、吸着特性によりロングラスティング効果を与える浸透吸着補修成分。
ダイズステロールは植物性ステロール(炭化水素)類で、フィトステロールとも呼ばれます。コレステロールと似た特性を持ち、肌なじみよく保湿作用を与えます。
加水分解ヘモグロビンパーマ毛の補強、男性型脱毛の抑制、過酸化水素除去、育毛、チオグリコール酸臭(パーマ臭)の除去、染毛促進、毛髪強度向上作用。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。

    キューティフィックス ヘアトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:3
  • 補修力:2.5
  • 持続性:2.5
  • 安全性:3.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/150ml
  • 価格/1890円
  • 1mlあたり/12.6円

キューティフィックス ヘアトリートメント の宣伝文,商品説明:

熱を加えて、ストレートも巻髪もキープ!
形状記憶美容液!ドライヤーやヘアアイロンの熱を与えることにより、形状記憶トリートメント効果が得られます。
シャンプーしてもストレートや巻髪等のスタイリングが再現しやすくなり、朝のスタイリングも簡単に
特にハネ、うねりでお悩みの方におすすめです。
ノンシリコン。感熱架橋型補正成分(エルカラクトン)配合