シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

DHC ヘアデザインワックス スーパーハード

DHC

DHC ヘアデザインワックス スーパーハード

DHC ヘアデザインワックス スーパーハードの格付け

★★★
☆☆

コーティング力 : ◯
保水性 : △
強度アップ度 : △
まとまり力 : ◯
1mlあたり約11 円
50 ml/551 円

DHC ヘアデザインワックス スーパーハードの解析結果

ハードな感触を与えるロウや油性基剤を多く含んだワックス。
ペリセアの配合でオプショナルな補修効果などを期待できる可能性も。

内容を見ていきますと、
シクロペンタシロキサンのサラッとした感触も。
水添ポリイソブテンはエモリエント性、増粘性、光沢を与える効果。
マイクロクリスタリンワックスは延伸性、粘性、安定性、結晶抑制作用が優れた油性基剤です。
キャンデリラロウはアレルギー性が低く光沢と固さを与え、ヒドロキシステアリン酸は硬化ヒマシ油と呼ばれるややコクのあるオイル。
ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンは、粘性やエモリエント性、ツヤ感が増したシリコーン。乾燥を防ぐ効果や感触改善効果を付与します。

ワセリンはおなじみの保湿クリーム。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaはペリセアと呼ばれ、優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪に対しても浸透しダメージ補修、弾力、滑りの改善、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
フェルラ酸はコメヌカ由来のポリフェノールの一種。抗酸化・美白・紫外線吸収、抗菌作用を付与。
カプリリルグリコールは少し焼灼感刺激を感じる可能性。
ポリクオタニウム-11はカチオン化されたセット性樹脂。 TEA(トリエタノールアミン)は一定の条件が揃うと発がん性物質ニトロソアミンを生成する可能性が僅かにあります(洗い流す製品ならOK)。
心なしか添加剤に優しくない成分が多いように見えます。


全体としては、
このシリーズの中では若干刺激性が高いタイプとなります。
それだけセット力も強いのですが、少しその点は考慮すべきでしょう。
あれこれと配合された末に、やや人体への配慮を欠いた感のある一品。

DHC ヘアデザインワックス スーパーハードの商品説明:

●立ち上げ力に優れたパワーファイバー配合。抜群のセット力で、ショート系の髪を根元から立ち上げるスパイキーなスタイルも思いのままに操れます。
●気になる髪のヘタリやベタつきもなく、スタイルを長時間キープできます。
●毛髪補修成分:疎水性アミノ酸
アミノ酸の中での毛髪浸透性の高い成分
●UVダメージケア:フェルラ酸
米ぬか由来の天然紫外線吸収剤
●うるおい成分:海洋深層水
優れた水分保持力でパサつきを防止
●おすすめの髪の長さ
ベリーショート、ショート、ミディアムショート

DHC ヘアデザインワックス スーパーハードの全成分

水、キャンデリラロウ、エチルヘキサン酸セチル、シクロペンタシロキサン、マイクロクリスタリンワックス、セテアレス-13、PPG-52ブチル、水添ポリイソブテン、ステアリン酸ソルビタン、BG、ステアリン酸、ポリオキシプロピレンソルビット、ジメチコン、海水、ロイシン、フェニルアラニン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パンテノール、フェルラ酸、ステアリルアルコール、カプリリルグリコール、ポリクオタニウム-11、PEG-90M、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、PPG-2メチル、フェネチルアルコール、エタノール、シリカ、TEA、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、香料

5つ星をかんたん購入なら

解析ドットコム公式ストア

解析ストア
[スポンサーリンク]
DHC ヘアデザインワックス スーパーハード(c)2017 株式会社解析ドットコム