シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム

DO-Sトリートメント

場末のパーマ屋

DO-Sトリートメント トリートメント解析ドットコム

1mlあたり約7円
(DO-Sトリートメント)500ml/3570円

DO-Sトリートメントの解析結果

突っ込みどころの多いDO-Sシリーズの解析をじっくりスペシャル版にて。

DO-Sトリートメントの商品説明、

ホホバ油とオリーブ油が主成分のアウトバス兼用のトリートメントです。
肌に残ると反応を起こされ方がおれれます。
髪用ですの、髪だけにつけてくださいね。
前バージョンでもあったのですが、ハンドクリームではございません。
あくまでもヘアケア商品ですので、ご理解の上、ご使用ください。
しかも、髪が元気になってきたら、使わなくても一向に構いません。
その場限りのしみ込むトリートメント効果が自慢です。
もちや艶感なんかは、まったく無視しております。
前バージョンのテクナールより、軽いけどしっとりです。
特にパーマスタイルで効果絶大で、スタイリング剤として使えば、フワッと仕上がります。
シャンプー後、毛先のダメージの出やすいところからしっかりと揉み込みましょう。
はじめはサラリとして実感が感じられませんが、付け足し付け足し、しみこませてみてください。
ドンドンしみ込むけど、油っぽさは最小限で、でも、なんだか、しっとり!こんな感じです。
そうしたら毛先の乗っかているトリートメントを手櫛で伸ばし軽く流してください。
シャンプーで、しっかりと余計なものが取れるまでは多少期間も必要になりますが、皮膜も取れ、キューティクルの機能も改善されれば、本来の髪の軽さと、扱い安さ、艶、素髪が取り戻せます。
  旧バージョンのテクナールシャンプー&トリートメントと新バージョンのDO-Sシャンプー&トリートメントの2本柱で、お客様の髪を大切にして扱っていきます。

DO-Sトリートメントの全成分

水、グリセリン、セタノール、ホホバ種子油、オリーブ油、スクワラン、DNA−K、 セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ヒアルロン酸Na、デキストラン、 チャエキス、ヒノキチオール、セテアリルグルコシド、ベヘントリモニウムクロリド、 BG、ステアルトリモニウムクロリド、クエン酸、エタノール、イソプロパノール、 フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料