シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ドクターリセラ ヘアコンディショナー
(ドクターリセラ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ドクターリセラ ヘアコンディショナー

ドクターリセラ


ドクターリセラ ヘアコンディショナー のオススメレベル

ドクターリセラ ヘアコンディショナー の解析結果

控えめだが、少しバランスはいいコンディショナーです。


効能は決して高くない代わりに、肌にはとてもマイルド寄りに作られているのが特徴でしょう。
ライトにサラッとした感触を与える一品です。

特徴は、肌に優しく作られているところ。
このマイルド加減をベースにして、穏やかながらバランスはいいコンディショニング効果を残す設計。

キトサン、アモジメチコン、クオタニウム−33あたりを軸にした滑らかなコーティング効果に、

保湿剤も天然資源を利用した穏やかなもの。

この商品を選ぶ理由の第一は、低刺激性でしょう。

ダメージケアを筆頭に考える場合は選択肢に入れられるほどのものではありません。
比較的高額なので、肌は弱いがしっかりめにコンディショニング効果を欲しいという方向けとみていいでしょう。

[PR]

ドクターリセラ ヘアコンディショナー の全成分:

水(海水)、BG(イモ、サトウキビ)、ベヘニルアルコール(菜種)、グリセリン(ヤシ)、セレシン(粘土)、トリオクタノイン(パーム)、クオタニウム-33(セルロース)、スクワラン(オリーブ)、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10(ヤシ)、ホホバ油(ホホバ)、ステアリルトリモニウムブロミド(ヤシ)、グリチルリチン酸2K(甘草)、クエン酸(植物実)、ヒドロキシエチルセルロース(セルロース)、ペンチレングリコール(植物でんぷん)、PCA-Na(サトウキビ)、ヒアルロン酸Na(鶏)、アロエベラエキス-1(アロエベラ)、水溶性コラーゲン(舌平目)、カルボキシメチルキチン(カニ・エビの甲羅)、アモジメチコン(有機ケイ酸)、ステアリン酸ポリグリセリル-10(ヤシ)、カプリン酸グリセリル(ヤシ)、ラウリン酸ポリグリセリル-2(ヤシ)、ラウリン酸ポリグリセリル-10(ヤシ)、ジメチルステアラミン(アミノ酸)、ステアラミドプロピルジメチルアミン(ヤシ)、乳酸(糖)、ステアリン酸グリセリル(パーム)、ジメチコン(有機ケイ酸)、海塩(海水)

主な成分の解説をみるセレシンは地ロウと呼ばれ、石油産地付近で採れる炭化水素からなるオゾケライトを精製したオイル。パラフィンより融点が高く、口紅などのオイルゲルベースの構造を増強。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
水溶性コラーゲンはフカヒレ、サケ、ヒラメ、カレイなどの魚の皮から抽出したコラーゲン。通称マリンコラーゲンとも呼ばれ、コラーゲンの中でも優れた保湿性を持つと言われています。
カルボキシメチルキチンはカニの甲殻由来の多糖体。抗シワ、保湿、コンディショニング効果、ハリ、弾力付与。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。

    ドクターリセラ ヘアコンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:3
  • 持続性:2.5
  • 安全性:4
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/300ml
  • 価格/3780円
  • 1mlあたり/12.6円

ドクターリセラ ヘアコンディショナー の宣伝文,商品説明:

良質のタンパク質でダメージに負けないベースづくりができるコンディショナー。
キューティクル補修成分配合で、枝毛、切れ毛から髪を守り、コシとハリを与えます。