シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
エンリッチリンス
(大高酵素化粧品
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

エンリッチリンス

大高酵素化粧品


エンリッチリンス のオススメレベル

エンリッチリンス の解析結果

サラサラ感が一番の少し見どころある一品。


リンスというカテゴリでは充分にレベル高いといえますが、並み居るトリートメントのクオリティに比較すると中くらいの作品といえるでしょう。

さほど高くないコンディショニング効果と、頭皮ケア用のエキス類が配合された中身。
気持ち程度の効能なので、ダメージレベルが高い方は他が良いでしょう。

総合すると、
どこから見ても恥ずかしくないリンスですが、
少しばかり頭皮にもいい影響を与えようという意図も見え隠れしています。

ただ、頭皮の改善も考えだして余分に注力してしまうと、このような中途半端感のたまらない製品が出てしまいます。
悪くはありませんが、決してクオリティの高い商品とはいえません。

[PR]

エンリッチリンス の全成分:

水、BG、パルミチン酸オクチル、ベヘニルアルコール、グリセリン、ジステアリルジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、(混合植物/白糖)発酵エキス、オレス-2、イソプロパノール、セタノール、(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ベタイン、オレイン酸フィトステリル、ポリクオタニウム-10、ジメチコン、シクロメチコン、ホホバ油、フェノキシエタノール、シア脂、(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマー、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コムギタンパク、アジピン酸ジイソプロピル、アジピン酸ジイソブチル、水添コメヌカ油、銅クロロフィリンNa、グリチルリチン酸2K、加水分解シルク、センブリエキス、紅藻エキス、ローヤルゼリーエキス、ローマカミツレエキス、ローズマリーエキス、マツエキス、ニンニクエキス、セイヨウキズタエキス、ゴボウエキス、オランダカラシエキス、オドリコソウエキス、アルニカエキス、緑藻エキス、褐藻エキス、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるパルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
ジステアリルジモニウムクロリドはカチオン界面活性剤として髪への吸着性がよく保護作用が高い。抗菌作用も持つ。
クロルキシレノールはブドウ球菌、大腸菌、真菌などに有効な殺菌剤で、他の添加剤と相乗効果で抗菌作用をアップさせるタイプです。アレルギー性皮膚炎を起こす可能性がわずかにあります。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
(混合植物/白糖)発酵エキスはニンニク,ニンジン,ダイコン,ニラ,ミカン,コンブ,ショウガ,リンゴ,ナシ,ワカメ,ナスビ,ホウレンソウ,シイタケ,タマネギ,ゴボウ,ヨモギ,タラノキ,ふき,ササ,ウド,日局白糖を発酵。
(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチルはイソステアリン酸と12-ヒドロキシステアリン酸からなる混合脂肪酸とジペンタエリトリットのエステル。
ワセリン、ロウ状の成分で、抱水性、潤滑性に優れる。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
シクロメチコンは時間をかけて揮発するシリコーンで、展延性やさっぱりとした感触に優れます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
(ステアロキシメチコン/ジメチコン)コポリマーはステアロキシメチコンとジメチルポリシロキサンからなるグラフト共重合体で、融点40-50℃のWAX。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コムギタンパクは毛髪に対する吸着性に優れ、髪のダメージ部分に吸着して、うるおいとしなやかさを与える。
アジピン酸ジイソプロピルは油溶性が高く難溶性物質溶解に優れ、皮膚への浸透性が高くさっぱりした感触。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。