シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
フィネス モイスチュアライジングコンディショナー
(フィネス
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

フィネス モイスチュアライジングコンディショナー

フィネス


フィネス モイスチュアライジングコンディショナー のオススメレベル

フィネス モイスチュアライジングコンディショナー の解析結果

この程度なら大手の安リンスで充分でしょう。


あまり足しにならない程度のコンディショニング作用。
さらっとした感触、ツヤ感が持ち味ですが、そのクオリティは取るに足らないものです。
肌刺激性は若干低く設定されていて、この点では喜ばしいもののトリートメントとしての能力はリンスの領域を出ません。

そのわりには価格はいささか高く、内容に対して強気な値付けと感じるものになっています。

特に何も印象がないような仕上がりと、肌にマイルドながら髪に充分な恩恵を与えられていないように思える一品です。

[PR]

フィネス モイスチュアライジングコンディショナー の全成分:

水、セテアリルアルコール、シクロペンタシロキサン、セトリモニウムクロリド、シルクパウダー、加水分解大豆タンパク質、ジメチコノール、クオタニウム-18、香料、塩化カリウム、ヒドロキシエチルセルロース、プロピレングリコール、EDTA2ナトリウム、DMDMヒダントイン、TEA-ドデシルベンゼンサルフェート、クエン酸、グリセリン、メチルクロロイソチアゾリノン、ナトリウムPCA、メチルイソチアゾリノン

主な成分の解説をみるシクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
セトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤。
ジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
クオタニウム-18は塩化ジアルキル(14-18)ジメチルアンモニウムというカチオン界面活性剤で、比較的低刺激性のコンディショニング効果を付与します。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。

    フィネス モイスチュアライジングコンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/443ml
  • 価格/2955円
  • 1mlあたり/6.67円

フィネス モイスチュアライジングコンディショナー の宣伝文,商品説明:

フィネスは、髪を強くして整え、うるおいを与えます。
しかも、それらが少し必要なところには少し、 たくさん必要なところにはたっぷりと届ける処方です。
その結果、髪はすばらしく柔らかく扱いやすくなり、自然な輝きがうまれます。