シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
サニープレイス ヘアオペ CH ヘアパックS
(サニープレイス 
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

サニープレイス ヘアオペ CH ヘアパックS

サニープレイス


サニープレイス ヘアオペ CH ヘアパックS のオススメレベル

サニープレイス ヘアオペ CH ヘアパックS の解析結果

ほぼ、髪は関係なく、頭皮に対しての抗炎症薬といった立ち位置でしょう。


抗ヒスタミン剤や抗炎症、血行促進系エキスを配合した内容ですが、
こういった特徴である以上、皮膚を鎮静させるような目的の製品となるのでしょう。

意味がないことはありませんが、使うべきケースは限られる特殊系トニックでしょう。
「他9成分」というのが謎ではありますが、概ね記載されている成分を鑑みれば頭皮の炎症系トラブルのストップですとか、
育毛とまで言わずとも頭皮の環境をアップさせたいという狙いだとわかります。

率直に言えば、あまり役に立つ機会は少ない製品と思います。
今まさに頭皮にアレルギー症状が出ているとか、そういった場面ではいささか効果はあるでしょうが、普通に過ごしていたらまず出番は巡ってこないタイプ。

[PR]

サニープレイス ヘアオペ CH ヘアパックS の全成分:

有効成分
グリチルリチン酸ジカリウム、ニンジン抽出液
その他の成分
ローズマリーエキス、セージエキス、混合植物抽出液(10)、塩酸ジフェンヒドラミン、パラオキシ安息香酸エステル、グルコン酸クロヘキシジン液、PG、香料、赤203、緑201、他9成分

主な成分の解説をみるニンジン抽出液はオタネニンジンのエキスで、多くのサポニンを含み育毛・血流促進作用を付与。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
塩酸ジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン剤として、抗アレルギー薬として用いられる成分です。
グルコン酸クロルヘキシジンは細菌に対しての消毒液として用いられます。