シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ヒトヨニ ピュアワックス 6

デミコスメティクス

ヒトヨニ ピュアワックス 6の格付け

★★★★

コーティング力 : ◯
保水性 : △
強度アップ度 : △
まとまり力 : ◯
1mlあたり約23 円

ヒトヨニ ピュアワックス 6の解析結果

セット力としなやかさを併せ持つ自在型ワックスの処方。

ベースに揮発性シリコーンのシクロペンタシロキサン、良質で安定性の高いツヤも出るキャンデリラロウ。
その他、ミツロウ、ホホバ、ジメチコンといった構成のワックス。

固さを生むロウと、滑らかさや滑りのシリコーンなどを混ぜたベースで、セット力はありつつ、セットし治すのも可能というフレキシブルワックスであると見ます。

さらに、ローズヒップ油、ローズマリー油による抗酸化、抗炎症・抗菌作用。
セリシンは絹のフィブロインを取り巻くタンパク質で、良質な保湿力と指通り。
加水分解卵殻膜はコーティングと保湿力アップ効果をもたらすデミ得意の成分。
シアバターは紫外線吸収効果、カルボマーと水酸化Naでゲル化作用を付与しています。


全体としては、
ワックスというカテゴリの中でも肌刺激はかなり低く安全な部類といっていい処方で、
かつセット力もリッチに、しっかり感じられるでしょう。
型崩れもしにくいと予想され、使用感の良い嬉しいワックスと言えます。


主な成分の解説

シクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
キャンデリラロウは自らを乾燥から守るために分泌している樹液を茎から抽出した天然の植物ロウで、アレルギー性が低く光沢と固さを与える。
ミツロウは、ミツバチの巣の元となるロウを精製。融点が高く、コクを与えながら使用感が良いので保湿成分として用いられます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ローズヒップエキスは優れた整肌作用を持つ。収れん作用、抗酸化作用、保湿作用を付与。
セリシンは絹より抽出精製されるペプタイドで、皮膜形成、ハリ・コシ付与、皮膚の保湿性向上作用。
加水分解卵殻膜は鶏の卵殻膜から抽出されたペプチドで、保湿性が高く肌を柔軟にして肌荒れを防止。密着した強い保護膜を形成。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。

ヒトヨニ ピュアワックス 6の商品説明:

ほどよいセット力と軽い質感で、動きのある立体的なスタイルへ
ショート-ロングまで幅広いスタイルに
時間が経っても重くならずリメイク自在

HITOYONI 3つの思いやり
思いやりの成分選び
フェイシャル化粧品に採用されている成分のみでつくられたヒトヨニ。すべてのアイテムでアレルギーテストを行い、肌へのやさしさを追求しました
。思いやりの容器デザイン

チューブタイプは手へのあたり心地がやさしい設計。使い心地がよく、手に負担をかけないデザインです。
環境への思いやり

ヒトヨニはカーボンオフセット等に取り組むことによって、地球温暖化防止に貢献します。
Day item
ほどよいセット力と軽い質感で、動きのある立体的なスタイルへ ・ショート-ロングまで幅広いスタイルに ・時間が経っても重くならずリメイク自在 <<ホホバワックス配合>> ホホバの種子より抽出した、肌の皮脂に近いヘアセット成分。ベタつきを抑えてスタイリングできます。

ヒトヨニ ピュアワックス 6の全成分

水,シクロペンタシロキサン,キャンデリラロウ,エチルヘキサン酸アルキル(C14,16,18),ステアリン酸,セテス-15,イソペンチルジオール,ミツロウ,ステアリン酸グリセリル,水添ホホバ油,ジメチコン,ローズヒップ油,ローズマリー油,ヒアルロン酸Na,セリシン,加水分解卵殻膜,シア脂,ホホバ種子油,BG,ステアリン酸グリセリル(SE),カルボマー,PEG-90M,水酸化Na水酸化Al,エチルヘキシルグリセリン,メチルイソチアゾリノン,フェノキシエタノール,香料

5つ星をかんたん購入なら

解析ドットコム公式ストア

解析ストア
[スポンサーリンク]
ヒトヨニ ピュアワックス 6(c)2017 株式会社解析ドットコム