シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ハニーチェ モイスチャーリペア トリートメント オレンジ
(LIB JAPAN
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ハニーチェ モイスチャーリペア トリートメント オレンジ

LIB JAPAN


ハニーチェ モイスチャーリペア トリートメント オレンジ のオススメレベル

ハニーチェ モイスチャーリペア トリートメント オレンジ の解析結果

エモリエント平凡


感触改良、つまり滑らかなタッチにさせることに重きを置いているわかりやすい設計ですが、トリートメントとして、よりディープに効かせるほどのクオリティではない。

総合的には、 はちみつや乳系のエモリエント効果を中心に、しっとり滑らかな手触りに仕立てあげようという向きの一品といえるでしょう。
エモリエントでありながらべたつかないように調整しようという意図も見えます。
毛髪の表面を整えて潤滑性を持たせる作用もあるでしょう。

ただ、トリートメントとしての能力はあまり高いものではなく、コンディショナー的な要素の強い内容。
毛髪ダメージが軽い方で、ほんのりしっとりした仕上がりを好む方向けというレベルです。

[PR]

ハニーチェ モイスチャーリペア トリートメント オレンジ の全成分:

水、グリセリン、セタノール、ベヘントリモニウムクロリド、ステアリルアルコール、トリエチルヘキサノイン、パルミチン酸エチルへキシル、ハチミツ、ケラチン(羊毛)、アルガニアスピノサ核油、ホホバ種子油、シア脂、ローズマリー油、加水分解ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、加水分解タンパク、ヨーグルト液(牛乳)、ホエイ(牛乳)、乳タン パク、ラクトフェリン(牛乳)、乳糖、乳エキス、豆乳発酵液、スフィンゴミエリン(牛乳)、メントール、クエン酸、乳酸、変性アルコール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ステアリン酸グリセリル、コカミドMEA、BG、フェノキシエタノール、エタノール、香料

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
トリエチルヘキサノインは2-エチルヘキサン酸とグリセリンのトリエステルで、サラっとした感触の油性基材。閉塞性の高い→フタをするような油膜で肌の潤いを逃がさない特徴。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
シア脂は、肌に塗ると溶けて浸透する感触の良いエモリエント剤。紫外線吸収効果も。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。
乳タンパクは、ミルク由来の生理活性ペプタイドがリッチで、抗炎症、細胞活性化、抗老化作用が優れる。
ホエイはソフトピーリング作用を有する整肌成分で、抗シワ、ダメージヘア改善、免疫低下抑制、美白作用などが期待される。
豆乳発酵液はイソフラボンの効能により、抗酸化、表皮細胞の保湿、メラニン抑制、ヒアルロン酸産生促進作用を付与。
ラクトフェリンは母乳の初期段階で多く含まれる機能性たんぱく質。
免疫活性化作用や、育毛、抗シワ、ニキビ改善、美白作用など。
メントールの清涼作用。

    ハニーチェ モイスチャーリペア トリートメント オレンジ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2.5
  • 持続性:2.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/510ml
  • 価格/945円
  • 1mlあたり/1.85円

ハニーチェ モイスチャーリペア トリートメント オレンジ の宣伝文,商品説明:

とろふわハニークリームが毛先までたっぷり潤いを与え、まとまる髪に導くノンシリコントリートメント。