シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ルベル イオ セルケア 5S
(ルベル 
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ルベル イオ セルケア 5S

ルベル


ルベル イオ セルケア 5S のオススメレベル

ルベル イオ セルケア 5S の解析結果

美容室が使うトリートメントの一種らしく、


プロ仕様と目される一品、であるはずです。
主にエイジングケアを標榜している「セルケア」シリーズの1つですが、果たしてどの程度の実力でしょうか。

擬似セラミドやメドウフォームラクトンなど、まずまずの面もありますが、
何がプロ仕様なのかさっぱり解せない、平凡で軽薄な内容に過ぎません。
1つ1つの成分も軽い、というか、本物ではない贋作を見せられているような気分にさせられる一品。

いいものを作ろうという意志が感じ取れないトリートメントといっていいでしょう。

感触はそれなりに滑らかですが、仕上がりはさほど上質ではなく持続性も期待薄、これなら大手の市販コンディショナーとあまり変わらないレベルです。
残念な保湿トリートメント。

[PR]

ルベル イオ セルケア 5S の全成分:

水,セテアリルアルコール,ジメチコン,水添ポリイソブテン,ベタイン,ステアルトリモニウムクロリド,イソステアリン酸ヘキシルデシル,オレイン酸フィトステリル,ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル),ステアロキシヒドロキシプロピルセルロース,メドウフォーム-δ-ラクトン,イソステアロイル加水分解シルク,イソステアリン酸,トコフェロール,セトリモニウムブロミド,イソノナン酸イソノニル,(C12-14)パレス-12,乳酸,BG,アモジメチコン,エタノール,イソプロパノール,,メチルパラベン,プロピルパラベン,安息香酸Na,香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
水添ポリイソブテンはスクワランに似た軽いさらっとした感触。伸びよく、優れた浸透性。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。

メドウフォーム-δ-ラクトンはメドウフォーム種子油のラクトン誘導体で、毛髪ケラチンのアミノ基とアミド結合を形成。
潤滑性、カラー剤の刺激緩和、キューティクル保護作用を付与。
イソステアロイル加水分解シルクは油性成分(イソステアリン酸)と加水分解シルクから作られた毛髪になじみのよい保護成分。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンオイルをベースオイルとしたノニオン系エマルジョンで毛髪との親和性が高く、しっとり感、なめらか感を与え、まとまりを持続的にキープ。

    ルベル イオ セルケア 5S の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:2.5
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/40ml
  • 価格/648円
  • 1mlあたり/16.2円

ルベル イオ セルケア 5S の宣伝文,商品説明:

季節の変わり目もあってサロンメニューのリニューアル第二段。髪や頭皮のケアは当たり前の時代。
よりお客様のニーズにお答えできるスペシャルなトリートメントの登場です。
『イオセルケア』頭皮へ髪へはもちろんエイジングケアもできる優れもの。頭皮、髪エイジングにアプローチし『うるおい弾力構造』をつくる、イオセルケアのトリートメントシステム。
地肌から弾み、毛先までみずみずしくなめらかなツヤ髪へ。