シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ISM トリートメント Pua
(ティー・アンド・エイチ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ISM トリートメント Pua

ティー・アンド・エイチ


ISM トリートメント Pua のオススメレベル

ISM トリートメント Pua の解析結果

少し品質がよい


ヒアロベールの持続性保湿力や、ケラチン、クレアチンの弾力性、セラミドの保護効果、ネオソリューアクリオの浸透性など、
平凡な製品とは一線を画すポテンシャルを秘めた製品と見ていいでしょう。


実際に仕上がりが段違いに素晴らしいということはなさそうですが、
この価格帯であればまずまず及第点といえる感触は得られそう。


[PR]

ISM トリートメント Pua の全成分:

水、グリセリン、ステアリルアルコール、ベヘントリモニウムクロリド、ジメチコン、香料、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、クレアチン、加水分解ケラチン(羊毛)、アサイヤシ果実エキス、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、フィトスフィンゴシン、イソプロパノール、(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマー、アミノプロピルジメチコン、シクロペンタシロキサン、ジココジモニウムクロリド、ヒドロキシエチルセルロース、ステアリン酸PEG-55、アモジメチコン、ステアルトリモニウムクロリド、アルギニン、グルタミン酸、シクロヘキサン-1.4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、カルボマー、キサンタンガム、BG、カラメル、メチルパラベン

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
クレアチンは毛髪内のイオン結合数を増加させる作用で毛髪のハリ・コシを増強させます。
アサイヤシ果実エキスアサイーという名でおなじみの果物エキス。抗酸化作用と高い保湿性能を持ち、アンチエイジング目的で用いられます。
セラミド1、3、6II、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、キサンタンガム、ラウロイル乳酸Naはヒト皮膚細胞間脂質と同じ組成で、水中でラメラ層を形成する安定型セラミド。
(アミノエチルアミノプロピルメチコン/ジメチコン)コポリマーはアミノ基を導入したシリコーンで、エモリエントな感触の被膜を形成します。
アミノプロピルジメチコンがエモリエントな感触を与えるコーティング剤。
ジココジモニウムクロリドはヤシ油脂肪酸にプラスイオンを付加して作られるカチオン界面活性剤。しなやかに指通りを改善し、静電気抑制効果を付与。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。

    ISM トリートメント Pua の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.6

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:3
  • 補修力:3
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:3

  • 容量/600ml
  • 価格/1728円
  • 1mlあたり/2.88円

ISM トリートメント Pua の宣伝文,商品説明:

アサイーエキスを配合、ハリ・コシのあるイキイキとした美髪へ導くトリートメントです。
ホノルルの風を感じさせる爽やかな優しさと上品さを包み込む「Pua」の香り。