シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
いち髪 艶をあたえる和草クリーム
(クラシエ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

いち髪 艶をあたえる和草クリーム

クラシエ


いち髪 艶をあたえる和草クリーム のオススメレベル

いち髪 艶をあたえる和草クリーム の解析結果

半ばセット剤のような処方。


ベタつきを軽減させた使用感が特徴で、ツヤを与える、エモリエント作用といった部分が強い一品であると言えます。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクといった高機能な成分も配合がありますが、
総合的にはまずまず、平均よりは上という位置づけのアウトバストリートメント。
紫外線対策にも適応しますが、紫外線吸収剤のデメリットも多少あるので、基本的には保湿・ツヤ用と考えてお使いになると良いでしょう。

[PR]

いち髪 艶をあたえる和草クリーム の全成分:

水、エタノール、BG、イソステアリン酸イソプロピル、グリセリン、フェニルトリメチコン、(VP/メタクリルアミド/ビニルイミダゾール)コポリマー、コメ胚芽油、コメヌカ油脂肪酸フィトステリル、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、加水分解コメタンパク、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、イノシトール、スクワラン、ツバキエキス、コメエキス、サクラ葉エキス、ヒオウギエキス、コメヌカエキス、カルボマー、デキストリン、PEG-60水添ヒマシ油、TEA、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるフェニルトリメチコンはツヤを特徴とするシリコーンで、撥水性があり潤いを与えつつツヤ感をきれいに見せるタイプのコーティング成分です。
コメ胚芽油はγ-オリザノールの美白作用、ビタミンEの40-60倍もの抗酸化作用、フェルラ酸の紫外線吸収効果、抗菌作用、リノール酸、オレイン酸のエモリエント作用を付与します。
紫外線吸収剤のメトキシケイヒ酸エチルヘキシル配合。
加水分解コメタンパクはコメ特有のたんぱく質であるオリゼニンが多く含まれ、コラーゲン産生促進、抗老化(抗コラゲナーゼ、抗ゼラチナーゼ)、過酸化脂質生成抑制作用などを示す。
(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクは加水分解シルクの潤滑作用とシリル基のツヤ、伸展性、熱反応でシラノール基同士が高分子化皮膜を形成し毛髪を保護。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
コメエキスは黒米玄米由来のエキスで、含有するアントシアニン、ポリフェノールにより美白、美肌、白髪染め効果、眼精疲労軽減、抗糖尿病、抗酸化作用を付与。
ヒオウギエキスはイソフラボンを含有し、女性ホルモン様作用、美白作用、抗老化作用を付与。
コメヌカエキスは収れん作用、ヒアルロン酸分解酵素阻害効果による保湿効果。

    いち髪 艶をあたえる和草クリーム の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.2

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:2
  • 持続性:3
  • 安全性:4
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/150ml
  • 価格/705円
  • 1mlあたり/4.7円

いち髪 艶をあたえる和草クリーム の宣伝文,商品説明:

広がりを抑え、まとまりの良い自然な毛流れのあるスタイルが一日中続きます。
古来より受け継がれる美髪成分、純・和草プレミアムエキスのコメプレミアムEX-II(予防美髪成分イノシトールを含む米の研ぎ汁由来成分)・サクラエキス・黒米エキス・ツバキエキス・ヒオウギ配合でダメージで失われた、うるおいや艶を補給。
指通りを良くし、摩擦から髪を守るので、傷みにくく、芯から艶立つ凛とした美しい髪に導きます。
コメスクワラン(うるおいスタイリング成分)配合
ドライヤー等の熱から髪を守るヒートコートプロテイン・(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク配合
紫外線から髪を守るUVカット。
みずみずしく可憐に咲く満開の山桜の香り