シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ジュエリア プレミアム ヘアトリートメント
(イヴ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ジュエリア プレミアム ヘアトリートメント

イヴ


ジュエリア プレミアム ヘアトリートメント のオススメレベル

ジュエリア プレミアム ヘアトリートメント の解析結果

色々入っているようで、これといってスペシャルな効果のない凡庸なリンスレベルの一品。


ベースにミネラルオイルで、ツヤ感の強めな油剤ベースの製品ですが、カチオン界面活性剤は3級のステアラミドプロピルジメチルアミンで低刺激ですがコンディショニング効果は低め。

収れん作用、血行促進、抗炎症作用エキスの他、アミノ酸各種で構成。ツバキ油、アンズ精油、ヒアルロン酸も加えています。


全体としては、
ほのかな保湿・柔軟効果は有していますが髪の毛を補修しようという向きは少なく、ノンシリコンを売りにしていますがシリコンに匹敵するようなコンディショニング効果を付与できていません。
マイルド感を重視したためか、トリートメントとしては低質であまり使った感じがしない部類だと見ます。

[PR]

ジュエリア プレミアム ヘアトリートメント の全成分:

水、ミネラルオイル、グリセリン、セタノール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリルアルコール、クエン酸、ツバキ油、アンズ精油、ヒアルロン酸Na、クララエキス、ショウガ根エキス、センキュウエキス、トウキ根エキス、オタネニンジン根エキス、モモ葉エキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、BG、タウリン、リシンHCI、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCI、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ポリクオタニウム-10、エタノール、塩化Na、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラペン、香料

主な成分の解説をみるミネラルオイルは石油から作られたオイルで、隙間のないさらっとした被膜感が特徴のオイル。水分をあまり抱えませんが、肌の水分を逃がさない保湿作用があります。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
クララエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、線維芽細胞増殖促進作用、肌バリヤ機能強化、CMC形成促進、抗菌、脱毛防止などを付与。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
ヤグルマギクエキスはヒアルロン酸産生促進作用、女性ホルモン様作用、育毛作用、抗炎症作用、収れん作用。
タウリンは生体に含まれる含硫アミノ酸の一種で、化学名は2-アミノエタンスルフォン酸。肌機能活性化効果を持つ。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。

    ジュエリア プレミアム ヘアトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/300ml
  • 価格/497円
  • 1mlあたり/1.66円

ジュエリア プレミアム ヘアトリートメント の宣伝文,商品説明:

31種類の美髪成分が髪を豊かに潤し、輝きあふれるつや髪に仕上げます。
フローラルローズの香りが持続する、新しいノンシリコントリートメントです。