シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ジュレーム トリートメントクリーム モイストリペア
(コーセー
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ジュレーム トリートメントクリーム モイストリペア

コーセー


ジュレーム トリートメントクリーム モイストリペア のオススメレベル

ジュレーム トリートメントクリーム モイストリペア の解析結果

寝ている間に・・系のトリートメントですが


配合量トップにPGがきてしまって、肌刺激の強さは否めません。
それに、ジステアリルジモニウムクロリド、ベヘントリモニウムクロリドはいずれもカチオン界面活性剤で刺激性はどうしても強め。
これらのデメリットを差し引いても恩恵が素晴らしければいいのですが、

中心となるイソステアリル加水分解コラーゲンAMPDは髪に素早く浸透する分子量の小さなコラーゲン誘導体。
ミリスチン酸イソプロピルは皮膚に浸透して保湿効果を与えるがサラっとした軽い感触が特徴。
カチオン化ヒアルロン酸はダメージ部に吸着して保湿付与。
マンゴー種子油はトリグリセライドを豊富に含む東洋人の毛髪に特に馴染みのよいオイル。香りと感触が優れた成分。
エキス類は抗炎症・抗酸化・血行促進・抗菌・収れん・保湿作用を中心に付与する構成です。
ソルビン酸Kは非常にマイルドな食品にも使われる防腐剤。


全体としては、
エモリエントな使用感は決して悪くありません。
しかし、肌への配慮は万全といえず、安全性よりも使用感の良さをやや重視した感じがする点が残念。
寝ている間に充分にコンディショニング効果をアップさせるほどでもなく、可もなく不可もなしな一品。

[PR]

ジュレーム トリートメントクリーム モイストリペア の全成分:

水、PG、ベヘニルアルコール、ミリスチン酸イソプロピル、セテアリルアルコール、アルニカ花エキス、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、エーデルワイスエキス、オレンジフラワー水、カミツレエキス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ブドウ葉エキス、マンゴー種子油、BG、PEG-10水添ヒマシ油、イソプロパノール、エタノール、クエン酸、グリセリン、ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェート、ジステアリルジモニウムクロリド、ステアリン酸グリセリル、ベヘントリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ソルビン酸K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

主な成分の解説をみるミリスチン酸イソプロピルは皮膚に柔軟性、潤滑性を与え、製品の展延性も高める粘度の低い油性成分です。
ハマメリス葉エキスは穏やかな抗炎症作用を付与。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
マンゴー種子油はトリグリセライドを豊富に含む東洋人の毛髪に特に馴染みのよいオイル。香りと感触が優れた成分。
ジココイルエチルヒドロキシエチルモニウムメトサルフェートは極めて高い安全性、安定性で低濃度でも優れたコンディショニング効果を付与。
ジステアリルジモニウムクロリドはカチオン界面活性剤として髪への吸着性がよく保護作用が高い。抗菌作用も持つ。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。

    ジュレーム トリートメントクリーム モイストリペア の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/130ml
  • 価格/945円
  • 1mlあたり/7.27円

ジュレーム トリートメントクリーム モイストリペア の宣伝文,商品説明:

●髪と地肌をいたわりながら、本来の美しさをひきだすヘアケアシリーズです。
●寝ている間にじっくりしみこみ、うるおいあふれる髪へ!
●ノンシリコーン&ラウレス硫酸Naフリー
●弱酸性・無着色・無鉱物油・動物由来原料フリー
●保湿効果:花と植物のうるおい成分配合(3種の花々のエッセンス・オレンジフラワー水・5種の植物エキス・PG)
●エモリエント効果:マンゴー種子油M(マンゴー種子油・ミリスチン酸イソプロピル)配合
●補修効果:補修成分でつくった独自の浸透性多重層カプセル、ヒアロベール(高密着ヒアルロン酸)配合
●華やかに咲き誇るような白い花々の香り