シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
クーネ モイストコンディショナー
(ピュール
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

クーネ モイストコンディショナー

ピュール


クーネ モイストコンディショナー のオススメレベル

クーネ モイストコンディショナー の解析結果

髪よりも頭皮ケア


狙いは明確に、頭皮ケアを目的としたエキスで大半を占めています。
肌への刺激性も低く、肌につく分にも安心して使える点は良いでしょう。


頭皮に有益か


効果は主に保湿・育毛効果・抗菌と言った作用を穏やかに与えます。
髪への効果としてははちみつ、ミツロウ、アルギニン誘導体による潤滑性。

印象としては、髪にも頭皮にも半人前といった影響力で、少し中途半端というかおとなしく仕上がっちゃったな、という感が拭えません。
見方を変えれば、肌に弱い方が安心して使える、という面で価値を見いだせます。


[PR]

クーネ モイストコンディショナー の全成分:

水、ベヘニルアルコール、ツバキ油、ステアラミドプロピルジメチル アミン、パルミチン酸エチルヘキシル、ツバキ葉エキス、ユズ種子エキス、 キュウリ果実エキス、ワカメエキス、ハチミツ、ミツロウ、アンズ種子エキス、 オタネニンジン根エキス、冬虫夏草エキス、グレープフルーツ果実エキス、 スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、サンショウ果実エキス、 サンショウ果皮エキス、シソ葉エキス、センブリエキス、ジヒドロキシプロ ピルアルギニンHCl、グリコシルトレハロース、グリセリン、トコフェロール、 パーシック油、パームグリセリズ、ポリクオタニウム-10、ミリスチン酸、 加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解水添デンプン、水添ヤシ油、乳酸、 乳酸Na、エタノール、ユズ果皮油

主な成分の解説をみるベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ツバキ花エキスは抗酸化作用、5α-リダクターゼ阻害作用(抗男性ホルモン様作用)を発揮。
ユズ種子エキスは有効成分リモニンによりメラニン生成抑制、線維芽細胞増殖促進作用、皮膚代謝促進作用。
キュウリ果実エキスはビタミンCを筆頭にリンゴ酸、有機酸、フラボノイドを含有。美白効果、抗炎症、保湿作用を付与。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ミツロウは、ミツバチの巣の元となるロウを精製。融点が高く、コクを与えながら使用感が良いので保湿成分として用いられます。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
冬虫夏草エキスは男性ホルモン抑制効果、抗炎症作用を示します。
スイカズラエキスは抗炎症・収れん、保湿効果を示し、肌荒れ、キメを整え潤いのある肌を作る効果。
サンショウ果実エキスは山椒の実から得たエキスで、血行促進、抗菌、防腐、収れん作用を付与します。また、頭皮に刺激を与えることにより育毛効果も。
シソエキスは抗炎症、防腐、収れん作用を特徴とするペリラアルデヒド、α-リモネンなどを含有。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
ジヒドロキシプロピルアルギニンHClはグリセリン構造にアルギニン構造を結合させた保湿成分で、吸着特性によりロングラスティング効果を与える浸透吸着補修成分。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
パーシック油は肌を柔軟にし、水分の保持効果に優れます。

    クーネ モイストコンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2
  • 持続性:2
  • 安全性:3.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/230ml
  • 価格/2484円
  • 1mlあたり/10.8円

クーネ モイストコンディショナー の宣伝文,商品説明:

贅沢に配合した植物エキスが、傷んだ髪を補修し、しっとりさらさらに仕上げます。
さらにオレイン酸を豊富に含む椿油が潤いを与え、つややかでしなやかな髪に仕上げます。