シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
クライファー 炭トリートメント
(クライファー
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

クライファー 炭トリートメント

クライファー


クライファー 炭トリートメント のオススメレベル

クライファー 炭トリートメント の解析結果

全体的にさらっと系の成分をそろえてますが、


スクワランの被膜、
カチオン界面活性剤はわりとノーマル。
乳酸がやや保湿やコンディショニング効果と、炭はいいとしてホホバ、オリーブのしっとり潤い感
、など。
トリートメントとしては機能は低い。
優しい植物系被膜コンディショナーといったところ。
程よい滑り感。
コンディショナーと言った方がしっくりくる。

[PR]

クライファー 炭トリートメント の全成分:

水、水添ナタネ油アルコール、グリセリン、スクワラン(植物性)、ステアラミドプロピルジメチルアミン、乳酸、炭、タウリン、ホホバ油、オリーブ油、ベタイン、カプリン酸グリセリン、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、エタノール

主な成分の解説をみるスクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
は多孔質の特徴を活かし、汚れ、皮脂を吸着して除去する効果、脱臭作用を与える無刺激成分。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。

    クライファー 炭トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/350ml
  • 価格/4200円
  • 1mlあたり/12円

クライファー 炭トリートメント の宣伝文,商品説明:

「ヌルヌルしてすすぎが面倒」「ボリュームダウンする」「襟足やおでこがかゆくなる」
「かおりがきになる」などの理由でトリートメントが苦手だった方にオススメです。
炭トリートメントはリンス感覚のサラッとした使用感が感じることができます。
植物性の保湿成分などが髪の内部へするりと馴染む浸透感を重視しました。
すすぎやすくヌルつき感が残りにくいのも特長です。