シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
LAUREL ヘアリンス サボンアゲイン
(ローレル
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

LAUREL ヘアリンス サボンアゲイン

ローレル


LAUREL ヘアリンス サボンアゲイン のオススメレベル

LAUREL ヘアリンス サボンアゲイン の解析結果

効果は高くはありません。


リンスというか、ヘアトリートメント製品としては極めて限定的な効果に留まるでしょう。
シアバターと揮発性シリコーンの潤滑性が一時的に乗る以外は、ブドウ種子油、ガゴメエキスの微量な保湿作用、抗酸化作用がわずかに感じられる程度。
値段に見合った効能を期待することは難しく、「リンスはリンスだし」と開き直れる方向けという印象の一品。

持続性も有効性も数段足りないクオリティとみます。


[PR]

LAUREL ヘアリンス サボンアゲイン の全成分:

水、セテアリルアルコール、DPG、シクロペンタシロキサン、シア脂、ブドウ種子油、香料、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、ガゴメエキス、BG、ジメチコン、パタノール、ステアリルアルコール、塩化 Mg、硝酸 Mg、酢酸、メチルパラベン、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン

主な成分の解説をみるシクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
シア脂は、肌に塗ると溶けて浸透する感触の良いエモリエント剤。紫外線吸収効果も。
ブドウ種子油は軽いタッチが特徴のオイルでリノール酸、トコフェロールを多く含み、抗酸化作用を特徴とします。
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、シリコーンとの相性が非常によく、すすぎ時の柔軟性、指通りと、乾燥後にまとまりのあるさらさら感を付与。
ガゴメエキスF-フコイダンを含有するカゴメ昆布由来で、高い保湿力を長時間キープ。さらに、抗シワ、肌荒れ改善、抗ニキビ作用、皮脂の過剰分泌を抑制といった効果をしめします。