シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Loretta(ロレッタ) うるうるしたい日のトリートメント
(MoltoBene(モルトベーネ)
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

Loretta(ロレッタ) うるうるしたい日のトリートメント

MoltoBene(モルトベーネ)


Loretta(ロレッタ) うるうるしたい日のトリートメント のオススメレベル

Loretta(ロレッタ) うるうるしたい日のトリートメント の解析結果

よくあるコンディショナーと大差なし。


他に比べて「うるうる」する要素がないトリートメントです。
シアバターや擬似セラミド程度ならゴマンと似たような商品がありますし、
ベース油剤もノーマルで価格に見合ったクオリティとは言いがたいのです。


見るところがあるとすれば、ダマスクローズの香りがリッチであるとか、

ジヒドロキシプロピルアルギニンHClの滑りが良いといった程度。
これも、今どき珍しい手法ではありません。
単純にトリートメントの能力としては平均以下、コンディショナーと呼ぶほうがふさわしい商品です。
[PR]

Loretta(ロレッタ) うるうるしたい日のトリートメント の全成分:

水、セタノール、ステアリルアルコール、アモジメチコン、ドデカン、ベヘントリモニウムクロリド、イソプロパノール、シア脂、プルケネチアボルビリス種子油、シロバナルーピン種子油、ダマスクバラ花油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、オレイルアルコール、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、ステアリルトリモニウムブロミド、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、ジステアリン酸スクロース、コカミドMEA、セテス-20、クエン酸、エタノール、トコフェロール、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるアモジメチコンはアミノ変性シリコーンオイルをベースオイルとしたノニオン系エマルジョンで毛髪との親和性が高く、しっとり感、なめらか感を与え、まとまりを持続的にキープ。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ドデカンは植物由来の炭化水素系油剤。揮発性があり、サラっとした感触に仕上げるため揮発性シリコーンの代替として使われる。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
プルケネチアボルビリス種子油,はインカチオイルと呼ばれる必須脂肪酸ω3を含有するオイル。抗アレルギー作用、抗アトピー作用、保湿力強化など。
シロバナルーピン種子油はマメ科植物由来で、β-カロテンが豊富なためオレンジ色が特徴的。
ダマスクバラ花油はブルガリアの稀少なバラ精油で、リラックス、女性ホルモン様作用、脳の活性化、消化器の活性化、更年期障害の軽減、汗、加齢臭を軽減、異性を惹きつける効果。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(エルデュウ PS-203)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。ナノ化セラミドとも呼ばれ、保湿・浸透性が優れます。
ジヒドロキシプロピルアルギニンHClはグリセリン構造にアルギニン構造を結合させた保湿成分で、吸着特性によりロングラスティング効果を与える浸透吸着補修成分。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、シリコーンとの相性が非常によく、すすぎ時の柔軟性、指通りと、乾燥後にまとまりのあるさらさら感を付与。

    Loretta(ロレッタ) うるうるしたい日のトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 潤滑性 2.9
  • 効果の深さ:1.6
  • 補修力:2.1
  • 持続性:2
  • 安全性:2.4
  • 即効性 2.3
  • 費用対効果:1.6

  • 容量/500ml
  • 価格/4320円
  • 1mlあたり/8.64円

Loretta(ロレッタ) うるうるしたい日のトリートメント の宣伝文,商品説明:

シアバターの保湿成分で頭皮を健やかに保ちつつ天然のインカインチオイル、ルーピンオイルで毛先までとぅるんと艶めくうるうるヘア。 しっとり感でしあわせ気分に。