シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
Loretta(モルトベーネ ロレッタ) とくべつな日のトリートメント
(MoltoBene(モルトベーネ)
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

Loretta(モルトベーネ ロレッタ) とくべつな日のトリートメント

MoltoBene(モルトベーネ)


Loretta(モルトベーネ ロレッタ) とくべつな日のトリートメント のオススメレベル

Loretta(モルトベーネ ロレッタ) とくべつな日のトリートメント の解析結果

特別な日にはむしろ使わないほうがいい


その理由は、ベースのアモジメチコン、ステアルトリモニウムクロリド、ステアリン酸グリセリル(SE)といった安っぽい素材が「特別な日向け」ではないからです。
たしかに、配合されている天然油脂は魅力的で一定の潤いやツヤを与えますが、
基本的にトリートメントとしては並以下のクオリティでしかありません。


一見集中トリートメントのような印象を受けると思いますが、実際にはどこにでもあるリンスと同じような質感で、
繰り返し使うと逆にコンディションを悪くするような、古いタイプのコンディショナーと見るべきでしょう。


[PR]

Loretta(モルトベーネ ロレッタ) とくべつな日のトリートメント の全成分:

水、セタノール、アモジメチコン、オレス-2、BG、ステアルトリモニウムクロリド、コカミドMEA、テオブロマグランジフロルム種子脂、アストロカリウムムルムル脂、プルケネチアボルビリス種子油、バオバブ種子油、ローヤルゼリー、ダマスクバラ花油、ヤシ油、ガーデニアタヒテンシス花エキス、ヒマワリ種子油、レシチン、ベヘントリモニウムクロリド、ステアリン酸グリセリル(SE)、フェニルトリメチコン、乳酸、クエン酸、オクチルドデカノール、イソプロパノール、ベヘニルアルコール、DPG、シアノコバラミン、カラメル、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
テオブロマグランジフロルム種子脂クパスオイルと呼ばれ、抱水力はラノリン以上。チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンオイルをベースオイルとしたノニオン系エマルジョンで毛髪との親和性が高く、しっとり感、なめらか感を与え、まとまりを持続的にキープ。
アストロカリウムムルムル脂はヤシの一種から得た精製ムルムルバターと呼ばれる脂で、高い保湿性とコンディショニング効果を与えます。
プルケネチアボルビリス種子油,はインカチオイルと呼ばれる必須脂肪酸ω3を含有するオイル。抗アレルギー作用、抗アトピー作用、保湿力強化など。
バオバブ種子油は、γ-リノレン酸,ビタミンA,D,Eやトリグリセライドを豊富に含み、乾燥やアレルギー肌、ダメージ毛に有効なオイルです。
ダマスクバラ花油はブルガリアの稀少なバラ精油で、リラックス、女性ホルモン様作用、脳の活性化、消化器の活性化、更年期障害の軽減、汗、加齢臭を軽減、異性を惹きつける効果。
ガーデニアタヒテンシス花エキスはタヒチ原産のティアレの花エキスで、抗炎症・保湿・毛髪線維修復効果を付与します。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ステアリン酸グリセリル(SE)のような古いタイプの自己乳化型乳化剤には石けんが乳化に使われている場合が多く、これは刺激の素ともいえます。

    Loretta(モルトベーネ ロレッタ) とくべつな日のトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.7

  • 潤滑性 2.8
  • 効果の深さ:1.6
  • 補修力:2.4
  • 持続性:1.3
  • 安全性:2
  • 即効性 1.4
  • 費用対効果:1.3

  • 容量/150ml
  • 価格/2592円
  • 1mlあたり/17.28円

Loretta(モルトベーネ ロレッタ) とくべつな日のトリートメント の宣伝文,商品説明:

少女の頃からずっと、大切な日の前日はドキドキで眠れない。
そんなとくべつな日には、ナノ化ロイヤルゼリーと豊富な植物たちのうるおい成分でヘアをうっとり、つやつやにスペシャルケア。
おどろくほどしっとり、まとまりのあるヘアで夢心地に。