シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
LUSH ハッピーハッピージョイジョイ
(LUSH
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

LUSH ハッピーハッピージョイジョイ

LUSH


LUSH ハッピーハッピージョイジョイ のオススメレベル

LUSH ハッピーハッピージョイジョイ の解析結果

リンスなのにラウリル硫酸Naを配合するLUSHの摩訶不思議。


油剤やエキス類は高いクオリティであるのに、どうにも脇の甘さというかLUSHの変な癖が相変わらず。
乳化にラウリル硫酸Naを使うなど論外な処方が残念にさせています。
トリートメント・コンディショナーとしても二流で、香り優先であり髪に多くをもたらすことはできないタイプといえます。

香りは一級品ですが、性能は並のリンス以下。
無駄に刺激性が強いことや、そもそもダメージを修復する作用が低い。
さらに、ダメージを増やすこともできそうなくらいの妙な処方であり、
価値を見出すことがいささか難しく感じられる一品であります。

[PR]

LUSH ハッピーハッピージョイジョイ の全成分:

水,ローズ水,オレンジフラワー水,アーモンドエキス,PG,セテアリルアルコール,ホホバ種子油,香料,セトリモニウムブロミド,ビターオレンジ花油,グレープフルーツ果皮油,オレンジ花油,ローズウッド木油,ローズ油,グリセリン,アンソッコウエキス,ラウリル硫酸Na

主な成分の解説をみるローズ水はセイヨウバラまたはダマスクバラの花を水蒸気蒸留によって得られる芳香性の水。表皮からβ-エンドルフィンの遊離を促進する作用があり、皮膚細胞代謝活性化、メラニン生成抑制作用を持つ。
オレンジフラワーエキスネロリと呼ばれる非常に稀少で高価なエキス。
1g抽出するためにネロリの花が約4000輪も必要。リラックス効果の芳香、高い保湿作用、肌に弾力を与える効果。
アーモンド油はオレイン酸を多く含み、リノール酸も含有することからエモリエント作用に優れます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ビターオレンジ油はトウヒ(ダイダイの果皮)エキスで、血行促進、柔軟作用、紫外線防止効果を付与。
グレープフルーツ果皮油はリラックス効果、食欲を抑制する効果などを持つ芳香性の精油です。
オレンジ花油はネロリと呼ばれ、グリーン系を感じるフローラル調の豊かな香りが特徴。気分のリフレッシュ効果、整肌作用、肌のハリを改善する効果があります。
ローズウッド油はウッディー調をベースにローズやスパイシー系の香りを感じる精油で、神経系のリラックス効果、安眠、呼吸器系の改善に用いられます。
ローズ油は古代から愛されてきたバラの精油で、女性的な甘く深い香りが気分高揚効果、エチケット効果などを与えます。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。

    LUSH ハッピーハッピージョイジョイ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.6

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:2
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/100ml
  • 価格/1500円
  • 1mlあたり/15円

LUSH ハッピーハッピージョイジョイ の宣伝文,商品説明:

元気が出る香りを髪にまとってほしい、そんな思いから誕生した調香先行のコンディショナー。
オレンジフラワーやグレープフルーツのさわやかな香りに合わせて、その世界観をくずさないものが原材料に選ばれました。
ローズウォーターやオレンジフラワーウォーター、アーモンドエキスやホホバオイルが、髪を重くすることなくしっとりとした潤いを与えてくれます。