シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
マックコーポレーション コンディショニングリンス
(マックコーポレーション
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

マックコーポレーション コンディショニングリンス

マックコーポレーション


マックコーポレーション コンディショニングリンス のオススメレベル

マックコーポレーション コンディショニングリンス の解析結果

シャンプーのおまけレベル。ほぼ意味なし


ヘアオイルのようなほんの気休め程度の滑らかさを提供する一品。
一般的なリンス剤よりもダメージをカバーすることができません。
そのわりに、肌にやさしいわけでもなく、ヒノキチオールが無駄に存在感があり、髪を殺菌してどうするのか、という印象しか残りません。

シャンプーのセット品としてついでに作った程度、つまり、使わなくてもあまり変わらないようなレベルです。

なのに、高すぎ。

[PR]

マックコーポレーション コンディショニングリンス の全成分:

水・トリオクタノイン・ミリスチルアルコール・DPG・ホホバ油・グリチルリチン酸2K・ヒノキチオール・褐藻エキス・トコフェロール・センブリエキス・カワラヨモギエキス・アロエベラエキス-1・BG・ステアリルトリモニウムブロミド・ミリスチン酸ポリグリセリル-10・ベヘニルアルコール・イソプロパノール・ペンテト酸5Na・エタノール・メチルパラベン・プロピルパラベン・香料

主な成分の解説をみるトリオクタノインは、現在はトリエチルヘキサノインに名称を変えているエステルで、さらっと延びのいい油性基剤。使用感の良い被膜を形成。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
カワラヨモギエキスは抗炎症・抗フケ・美白、保湿作用などを付与。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ペンテト酸5Naはキレート(金属封鎖)剤の一種で、化学名ジエチレントリアミン五酢酸ナトリウム。腐敗、酸化、変色防止、抗菌作用などを付与。

    マックコーポレーション コンディショニングリンス の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.3

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1
  • 補修力:1
  • 持続性:1
  • 安全性:2
  • 即効性 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/1000ml
  • 価格/9072円
  • 1mlあたり/9.07円

マックコーポレーション コンディショニングリンス の宣伝文,商品説明:

プレマリアのシャンプー・リンスも、「細胞活性の技術」により作られていますので、洗いながらも、リンスしながらも毛母細胞に働きかけて、細胞を活性化し、元気な毛髪を作ります。
ただ単に汚れを落としたり、櫛通りを良くしたり、サラサラになったような感じを与えたりするものではありません。