シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
M mark PHバランスヘアリンス
(松山油脂
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

M mark PHバランスヘアリンス

松山油脂


M mark PHバランスヘアリンス のオススメレベル

M mark PHバランスヘアリンス の解析結果

同シリーズの石けん系シャンプーの中和のために存在するリンスです。


「洗い上がりを中性に保つためのクエン酸」とのことですが、何なら弱酸性に保って欲しいものです。

PEG/PPG-25/30コポリマー、ポリクオタニウム-10のやんわりしたコンディショニング効果とpH調整だけが目的の一品です。

逆に言えば、いくらアミノ酸系の石けんシャンプーであったとしても、この製品のような酸性リンスで中和しなければヤバイ、ということでもあります。

それならば、最初から石けんにしなければいいと思ってしまうのですが。。

特に内容もないクエン酸リンスでした。

[PR]

M mark PHバランスヘアリンス の全成分:

水、PEG/PPG-25/30コポリマー、グリセリン、エタノール、ポリクオタニウム-10、クエン酸

主な成分の解説をみるグリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。

    M mark PHバランスヘアリンス の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.9

  • 潤滑性 1.5
  • 効果の深さ:1
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/400ml
  • 価格/735円
  • 1mlあたり/1.84円

M mark PHバランスヘアリンス の宣伝文,商品説明:

「アミノ酸せっけんシャンプー」に対応した酸性ヘアリンスです。洗い上がりを中性に保つためのクエン酸と、くしどおりをなめらかにする天然系高分子セルロースを配合しました。
陽イオン界面活性剤やパラベンを使用せず、洗い流したリンス成分の肌への影響を考えて原料を選定しました。
髪や地肌のコンディションを整えるだけでなく、肌にも環境にもやさしい、マイルドなヘアリンスです。