シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
モナルダ ヴィンテージローズ ヘアマスク
(パシフィック プロダクツ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

モナルダ ヴィンテージローズ ヘアマスク

パシフィック プロダクツ


モナルダ ヴィンテージローズ ヘアマスク のオススメレベル

モナルダ ヴィンテージローズ ヘアマスク の解析結果

保湿感はまずまず。


チューベロース多糖体やシアバター、アボカド油などなど、エモリエント性を与える点においては悪くありませんが、
ダメージの修復やコーティング力、持続性が高いとは言いがたい。


一時的な重み感、エモリエント感を得るための製品であり、しかしながら髪の補修となるとあまり際立った印象がありません。


[PR]

モナルダ ヴィンテージローズ ヘアマスク の全成分:

水・セタノール・ベヘントリモニウムクロリド・ジメチコン・BG・ステアリン酸グリセリル・イソプロパノール・センチフォリアバラ花油・ガリカバラ花エキス・センチフォリアバラ花エキス・イザヨイバラエキス・カニナバラ果実エキス・ノイバラ果実エキス・ダマスクバラ花ロウ・センチフォリアバラ花ロウ・ローズヒップ油・アボカド油・ダイズ油・コムギ胚芽油・シア脂 ・スクワラン ・カンゾウエキス・チューベロース多糖体・ニンジン根エキス ・カロチン・ポリクオタニウム-51 ・ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル) ・ステアルトリモニウムクロリド・ジステアリルジモニウムクロリド・アミノプロピルジメチコン・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド ・ラウレス-4 ・ラウレス-23・エタノール・トコフェロール・フェノキシエタノール・香料

主な成分の解説をみるベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ガリカバラ花エキスは天然色素としてよく用いられる成分で、整肌作用を目的に使われることも。
センチフォリアバラ花エキスはバラの芳香と抗酸化作用、収れん作用を与えます。
イザヨイバラエキスはサンショウのような葉が耐病性があり、レモンの数10倍の抗酸化作用を持つことからビタミンCの王様と呼ばれるエキスです。アンチエイジング作用。
カニナバラ果実エキスは肌のハリを保持する作用。
クレアチンは毛髪内のイオン結合数を増加させる作用で毛髪のハリ・コシを増強させます。
ノイバラ果実エキスはヒアルロン酸産生促進、収斂作用。
アボカド油は皮膚親和性が高く柔軟効果に優れる。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
チューベロース多糖体は皮膚表面を平滑化する多糖体で、月下香の白い花びらから抽出。温度による変化がほとんど起こらず、寒冷乾燥環境でも角質を確実に保湿します。
ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)は優れたラメラ液晶形成能を持ち、抱水性、保湿性、皮膚のバリヤ機能を改善。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
ジステアリルジモニウムクロリドはカチオン界面活性剤として髪への吸着性がよく保護作用が高い。抗菌作用も持つ。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。

    モナルダ ヴィンテージローズ ヘアマスク の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/210ml
  • 価格/3150円
  • 1mlあたり/15円

モナルダ ヴィンテージローズ ヘアマスク の宣伝文,商品説明:

「薔薇のちからでセレブヘア」
モナルダ ヴィンテージローズ シリーズは薔薇にまつわる成分(保湿・毛髪地肌保護成分)が、髪と地肌を補修保護し、いきいきとした気品あふれる、エレガントで美しいセレブヘアを実現するヘアケアシリーズです。