シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
モンゴ流コンディショナーEX
(アルファウェイ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

モンゴ流コンディショナーEX

アルファウェイ


モンゴ流コンディショナーEX のオススメレベル

モンゴ流コンディショナーEX の解析結果

コンディショナーとトニックを掛けあわせたような製品。


頭皮にトニック的に効かせたい、という願望と、髪のコンディショナーとしての面、どちらも両立させようとした結果こうなった、という製品です。
頭皮にもつけられるだけの安全性、3級カチオン界面活性剤ベースで、なんとか低刺激に調整できています。
ただ、髪にコンディショナーとしての実力はお世辞にも高いとはいえず、ほぼ頭皮向けのエキスが主役といえるような設計に。
血行促進や抗酸化、アンチエイジング、育毛といった効果が期待される面々を配合し、それなりに有効性を期待させるレベルにはありそうです。


しかしながら、です。

どれだけ頭皮向けのエキスが入っていようが、ベースは髪用コンディショナーであり、ステアラミドプロピルジメチルアミンというカチオン界面活性剤がメインで入っている以上、
やはり頭皮にベタベタと塗って放置するには向かない製品と言わざるを得ません。
カチオン界面活性剤は吸着して髪にを柔軟性を与えよう、という性格をしているため、シャンプーの洗浄剤よりはるかに残りやすく、肌トラブルの起こしやすさは比較にならないほど高いわけです。

危険性を考慮して髪だけにつけて流そう、というのではエキス類の配合が意味なくなりますし、髪への作用は5000円の価値を感じるものではないでしょう。

かといって、頭皮にべったり塗るくらいなら、髪への配慮は抜きにした純粋なトニックの形にするほうが圧倒的に安全です。

つまり、このような中途半端な設計になるくらいなら、髪は髪、頭皮は頭皮用の製品にはっきり分けてしまうほうが互いに実力を発揮しやすい、ということが言えるでしょう。


[PR]

モンゴ流コンディショナーEX の全成分:

水、セタノール、BG、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ポリグルタミン酸、ココイルアルギニンエチルPCA、加水分解ケラチン、イラクサ根エキス、イラクサ葉エキス、ユッカグラウカ根エキス、ウミクロウメモドキ油、シスタンケツプロサ茎エキス、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、ソウハクヒエキス、グアバ葉エキス、ゲンチアナ根エキス、カキタンニン、アロエベラ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ユーカリ葉エキス、センブリエキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、チャエキス、ホップ花エキス、サンショウ果皮エキス、フユボダイジュ花エキス、ホホバ種子油、オタネニンジン根エキス、アルテア根エキス、ヒバマタエキス、ビワ葉エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、ショウガ根茎エキス、スギナエキス、エゾウコギ根エキス、セージ葉エキス、アンズ果汁、アンズ核油、香料、クオタニウム-33、ベヘニルアルコール、グリセリン、ステアリルアルコール、セテアリルアルコール、オレイルアルコール、パンテノール、シクロへキサン-1.4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、イソステアリン酸イソステアリル、グルタミン酸、ソルビトール、ポリクオタニウム-10、パンテニルエチル、オレイン酸ソルビタン、ポリソルベート60、ベヘニルPGトリモニウムクロリド、ベンジルアルコール、ヒドロキシプロピルグアーガム、ステアリン酸グリセリル、ステアレス-4、銅クロロフィリンNa、クエン酸、クエン酸Na、グリシン、硫酸亜鉛、コハク酸2Na、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、フェノキシエタノール、エタノール

主な成分の解説をみるステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
イラクサ葉エキスはアセチルコリン、ビタミン、カロチノイド、アミノ酸を含む。
収れん作用、整肌作用を付与。
ユッカエキスはリュウゼツラン科ユッカシゲデラを原料としたエキスで、サポニンを多く含み消臭・清浄作用などを付与。
ウミクロウメモドキ油は必須脂肪酸各種含有する沙棘の実から抽出。
抗酸化、皮膚代謝促進作用を付与。
シスタンケツブロサ茎エキスは美白効果を期待されるカンカと呼ばれるエキス。
プテロカルプスマルスピウム樹皮エキスは頭皮の抗老化、抗糖化による抜け毛防止効果。
ソウハクヒエキスは抗炎症・美白・ニキビ抑制、紫外線防止効果。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ヒバマタエキスは抗菌作用、スリミング作用。
オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。
収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。
ショウガ根茎エキスはショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。
エゾウコギ根エキスはタンニン、配糖体、ビタミンAを含み、収れん、細胞活性化効果を付与。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール(ネオソリュー アクリオ)は毛髪への有効成分の浸透促進、優れた感触改善効果、高い安定性を持つ安全性の高い油剤です。

    モンゴ流コンディショナーEX の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 潤滑性 2.7
  • 効果の深さ:2.5
  • 補修力:2.8
  • 持続性:2.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.1
  • 費用対効果:2.1

  • 容量/400ml
  • 価格/4980円
  • 1mlあたり/12.45円

モンゴ流コンディショナーEX の宣伝文,商品説明:

モンゴル人とインディアンの太くたくましい髪をヒントに開発したノンシリコンコンディショナーです。髪にハリ・コシを与え、ボリューム感のある立体的な髪に導きます。また、髪の表面をコートし、スタイリングしやすいツヤのある髪に整えます。モンゴロイドが大切にしてきた植物成分とアプリコットエキスを配合しています。