シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
モンルナ ゼロタイムトリートメント
(モン自然化学研究所
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

モンルナ ゼロタイムトリートメント

モン自然化学研究所


モンルナ ゼロタイムトリートメント のオススメレベル

モンルナ ゼロタイムトリートメント の解析結果

肌に優しく、効能もマイルド。


少し肌にマイルドなタイプの処方で、エモリエントタイプの仕上がり。

ただし、トリートメントというよりリンスレベルの効能です。
滑らかな使用感を好む方向けの、さほどダメージがない髪に適した油分補給コンディショナーといえるでしょう。

メドウフォーム-δ-ラクトンやペリセアの配合は少しクオリティをアップさせますが、全体を通して驚くほどの違いを与えるものではありません。
髪の表面に潤いをくっつけ、しなやかさ、少しの潤滑性を与えるタイプといえるでしょう。

[PR]

モンルナ ゼロタイムトリートメント の全成分:

水、ステアラミドプロピルジメチルアミン、パルミチン酸エチルヘキシル、ミリスチルアルコール、ベヘニルアルコール、ダイズステロール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、加水分解コラーゲン、メドウフォーム−δ-ラクトン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、加水分解シルク、トコフェロール、乳酸、クエン酸、BG、ヘキシレングリコール、ステアルトリモニウムブロミド、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、セトリモニウムクロリド、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、エチドロン酸、エタノール、イソプロパノール、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
パルミチン酸エチルヘキシルは人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良好。
ベヘニルアルコールは菜種油から抽出した油剤で、融点が高くしっとりした感触を特徴とします。乳化安定性が優れた油性成分です。
ダイズステロールは植物性ステロール(炭化水素)類で、フィトステロールとも呼ばれます。コレステロールと似た特性を持ち、肌なじみよく保湿作用を与えます。
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルはパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、非常にタッチのいいオイルです。
メドウフォーム-δ-ラクトンはメドウフォーム種子油のラクトン誘導体で、毛髪ケラチンのアミノ基とアミド結合を形成。
潤滑性、カラー剤の刺激緩和、キューティクル保護作用を付与。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
クオタニウム-18は塩化ジアルキル(14-18)ジメチルアンモニウムというカチオン界面活性剤で、比較的低刺激性のコンディショニング効果を付与します。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
セトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤。
トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルは高抱水性をもつ油剤で、密着性の高い耐水皮膜を形成。

    モンルナ ゼロタイムトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:3
  • 補修力:3
  • 持続性:3
  • 安全性:3.5
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/190ml
  • 価格/1886円
  • 1mlあたり/9.93円

モンルナ ゼロタイムトリートメント の宣伝文,商品説明:

すぐに洗い流せるヘアトリートメント 髪と頭皮にやさしいノンシリコン、 ノンパラベン、無鉱物油、無着色 髪にすばやく浸透し、
内側から補修する 「ナノリペアーV」でツヤ度アップ!