シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
無添加時代 ヘアトリートメント
(リアル
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

無添加時代 ヘアトリートメント

リアル


無添加時代 ヘアトリートメント のオススメレベル

無添加時代 ヘアトリートメント の解析結果

絶妙なバランス感。


シリコーン控えめでも、代替シリコーンと呼ばれるアミノ酸型カチオン界面活性剤をベースに据え、
優れた潤滑性と低刺激を両立した作りになっています。


エキス類もホップエキス、甘草エキス、モモ葉など、良い仕事をするものを厳選した様子。
どちらかと言えばコンディショナーという扱いの方が正しそうですが、コンディショナーとしてはとても質がよく感じられる上に低刺激で、安い。
これは、ライトな日常使いをお探しの方にオススメできる一本といえるでしょう。

[PR]

無添加時代 ヘアトリートメント の全成分:

水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCL、ココイルアルギニンエチル PCA、マカデミアナッツ油、水添パーム核油、ヒドロキシエチルセルロース、ジメチコン、甘草エキス、ヒノキチオール、ステアリルトリモニウムブロミド、 DPg、トウヒ油、ホップエキス、モモ葉エキス、クエン酸、エトキシジグリコール、変性アルコール、Bg、イソプロパノール

主な成分の解説をみる水添ナタネ油アルコールはエモリエント効果、保護効果、光沢を与える乳化剤、油性基剤。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。肌なじみが非常によく、保湿効果も高い。
水添パーム核油はアブラヤシの種子由来。体温付近で融解するため、滑らかなタッチが特徴。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
モモ葉エキスは抗炎症作用。