シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ミューネ フレグランスウォーター ナチュラルハーブ
(SPRジャパン
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ミューネ フレグランスウォーター ナチュラルハーブ

SPRジャパン


ミューネ フレグランスウォーター ナチュラルハーブ のオススメレベル

ミューネ フレグランスウォーター ナチュラルハーブ の解析結果

これはあまり効きが良くなさそう、という第一印象。


エキス類はさておき、ややチープな面がちらほら見える、こだわりの少なそうな中身の一品と見ます。

悪くはないのですが、一般的なこの手の製品に比べ特別優れた面もないかな、というレベル。


総合すると、
バランスよくスキンコンディショニング効果を示すタイプの一品といえるでしょう。
逆に言えば特徴があまりない穏やかな作用が特徴で、
単純な保湿水だと理解していい内容です。

[PR]

ミューネ フレグランスウォーター ナチュラルハーブ の全成分:

水、BG、グリセリン、エタノール、PEG-60水添ヒマシ油、PEG-30水添ヒマシ油、香料、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、カミツレ花エキス、チガヤ根エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、ポリクオタニウム-51、アルガニアスピノサ核油、ハチミツ、グリコシルトレハロース、ヒドロキシエチルウレア、スクワラン、加水分解水添デンプン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水添レシチン、リゾレシチン、イソステアリルアルコール、クエン酸、クエン酸Na、カルボマー、PEG-8、フェノキシエタノール、メチルパラベン

主な成分の解説をみるローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
チガヤ根エキスはイネ科チガヤの根から抽出。保湿・柔軟、バリヤ機能強化、老化防止。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。 ポリクオタニウム-51リピジュアの1種で生体適合性があり、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つリン脂質ポリマー。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
コメヌカスフィンゴ糖脂質は植物セラミドの一種で、肌に速やかに浸透し、保湿作用、柔軟性を与える。

    ミューネ フレグランスウォーター ナチュラルハーブ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/100ml
  • 価格/1050円
  • 1mlあたり/10.5円

ミューネ フレグランスウォーター ナチュラルハーブ の宣伝文,商品説明:

●いつでもどこでも手軽に香り&うるおい補給。しっとり潤う、香るフレグランスウォーターです。
●天然由来の保湿成分を配合しているので、乾燥が気になったとき、リフレッシュしたいときに、ヘアにもボディにも気軽にご使用いただけます。
●天然ハーブエキス、天然オイル、保湿成分、天然由来保湿成分配合
●穏かに心癒されるナチュラルハーブの香り