シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
マイナチュレ コンディショナー
(REDVISION INC.
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

マイナチュレ コンディショナー

REDVISION INC.


マイナチュレ コンディショナー のオススメレベル

マイナチュレ コンディショナー の解析結果

評価が少しむずかしいところですが、


この製品に何を期待するのかによって感想が変わってくる気がします。
というのは、明らかに品質は悪くない、むしろコンディショナーとしては異例の豪華な作りという面、
しかしながらノンシリコンを謳っていて、かつシリコンに関する説明が明らかに偏った見方になってしまっているのが残念。
そして、シリコンに匹敵するような成分がないという点。
ただ、コンディショナーとしては充分な仕事をするし、精油の香りがレベル高い。
複雑な味わいの一品です。

全体としては、
特に頭皮向けの成分の多いこと。頭皮ケアを考えているためかベースも少し刺激性を抑えている点や、エキス類の整肌作用、アンチエイジング作用などが見ごたえあります。
髪に対しては、ちょっとしたエモリエント作用、穏やかな保湿、滑らか効果といった程度でしょう。
持続性もなく、高い効能も感じられない程度で、シリコンもないためにさらっともしにくい。
ただ、精油の香りはいい。
コンディショナーにしては高額。

このあたりをどう判断するか。
難しいラインの一品です。

[PR]

マイナチュレ コンディショナー の全成分:

水、水添ナタネ油アルコール、DPG、トリエチルヘキサノイン、ステアルトリモニウムブロミド、ステアリン酸、ツバキ油、イソプロパノール、ホホバ種子油、スクワラン、ビフィズス菌発酵エキス、BG、グリチルリチン酸2K、サリチル酸、アボカド油、ココイルアルギニンエチルPCA:アミノ酸、トレハロース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa:アミノ酸、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解ヒアルロン酸、水添レシチン、サッカロミセス溶解質エキス、加水分解酵母エキス、セラミド2、ダイズステロール、ミルシアリアデュビア果実エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、ローヤルゼリーエキス、加水分解コラーゲン、ドクダミエキス、ゼニアオイエキス、ユズ果実エキス、オレンジ油、ラベンダー油、ローズマリー油、ユーカリ葉油、エンピツビャクシン油、パルマローザ油、ティーツリー葉油、ローマカミツレ花油、ビターオレンジ葉/枝油、ヒマワリ種子油、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、アルギニン、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみる水添ナタネ油アルコールはエモリエント効果、保護効果、光沢を与える乳化剤、油性基剤。
DPG(ジプロピレングリコール)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
トリエチルヘキサノインは分岐構造を持ち乳化力に優れ、加水分解安定性が高く、さっぱりした感触のエステル油。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ツバキ油は、オレイン酸、リノール酸リッチなエモリエントオイルで、やや酸化されにくく固まりにくい性質のオイル。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ビフィズス菌発酵エキスは紫外線により損傷を受けたDNAを修復。また、免疫増強作用を示す。
アボカド油は皮膚親和性が高く柔軟効果に優れる。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
サッカロミセス溶解質エキスはパン酵母の溶解質から得られるエキス。肌の水分量を増やして保水する作用、細胞活性化作用を持つ。
加水分解酵母エキスは細胞活性化、線維芽細胞増殖促進作用、免疫増強作用を付与。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
ダイズステロールは植物性ステロール(炭化水素)類で、フィトステロールとも呼ばれます。コレステロールと似た特性を持ち、肌なじみよく保湿作用を与えます。
ミルシアリアデュビア果実エキスはカムカムの果実から得たエキスで、ビタミンCがレモンの60倍、ブルーベリーの300倍以上含有。抗酸化・美白作用を付与。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。
ドクダミエキスは抗酸化作用、収れん作用、抗菌作用、抗アレルギー作用。
ゼニアオイエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用により肌のハリを高めます。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ローズマリー油はシソ科・清涼感のあるすっきりした香りが特徴。集中力や記憶力を高める効果があるとされ、気持ちをはっきりさせたい時に使われる精油です。
ユーカリ油はティートゥリーオイルをシャープにしたような香りで、ローズマリーにも似た香調。抗菌性、消臭・集中力アップ、眠気覚まし効果などを付与します。
エンピツビャクシン油はヒノキ科シダーウッドの精油成分で、その名の通り鉛筆の素材としてもおなじみ。寺院での薫香として古くから使われている香料です。
パルマローザ油はゼラニウムを穏やかにしたような柑橘系の香りが特徴で、気分リフレッシュ効果、鎮静効果を与えます。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。
ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。
ビターオレンジ油はトウヒ(ダイダイの果皮)エキスで、血行促進、柔軟作用、紫外線防止効果を付与。
ヒマワリ種子油はヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。

    マイナチュレ コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:3
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/170ml
  • 価格/3340円
  • 1mlあたり/19.65円

マイナチュレ コンディショナー の宣伝文,商品説明:

今までシリコン入りコンディショナーを長らくお使いの方は、「マイナチュレ コンディショナー」のようなノンシリコン・無添加に切り替えたばかりの時は、一時的に髪の毛が以前と比べると少しきしむと感じる方も中にはいらっしゃるかもしれません。
ただそれは、今まで蓄積されていたシリコンが落ち始めて本来の健全な髪に戻って、真のハリ・コシ・ツヤのある髪に戻っていく過程になります。
 また、頭皮や髪にとって不必要な汚れ・化学成分・シリコンなどの蓄積がなくなりますと、栄養素や育毛剤などの頭皮への浸透も格段に良くなりますので、ぜひこの機会にマイナチュレ コンディショナーで頭皮ケアを一緒に頑張っていきましょう。
※一般的にシリコンの成分表示名称としては、ジメチコン、シクロメチコン、ジメチコノール、アモジメチコン、シロキサン、シリカ、シリル、シラン、などの言葉が含まれている成分が該当します。