シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ミュローナ モイスト トリートメント
(ビバニーズ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ミュローナ モイスト トリートメント

ビバニーズ


ミュローナ モイスト トリートメント のオススメレベル

ミュローナ モイスト トリートメント の解析結果

指通りさらっと系の成分がベースを固めています。


それに加え、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸配合。
+油系はホホバ、ラベンダー、グレープフルーツ、ローズマリー、ローズウッド、などなど、たくさん。
その他抗炎症系エキスなどもあります。
アスコルビン酸(ビタミンCのこと)も配合。
ただ、ヒアルロン酸、アスコルビン酸など、すすげば流れてしまうような安易な配合も目立ちます。
トリートメントとしての効果も、残念ながらコンディショナーの域を出ていない印象。
とりたてて印象深いような効能はありません。
香りがわりと独特なことくらいでしょうか。

[PR]

ミュローナ モイスト トリートメント の全成分:

水、ベヘニルアルコール、ミリスチルアルコール、ジメチコン、ステアラミドエチルジエチルアミン、ステアルトリモニウムブロミド、シクロメチコン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ローズマリーエキス、アルギニン、グルタミン酸、セリン、センブリエキス、スーパーオキシドジスタムターゼ、グルコシルヘスペリジン、トコフェロール、アスコルビン酸Na、ダイズ発酵エキス、ホホバ種子油、ラベンダー油、グレープフルーツ果皮油、ローズマリー油、ローズウッド木油、ニュウコウジュ油、ハッカ油、ヒマシ油、クエン酸、コカミドMEA、イソプロパノール、BG、エタノール、フェノキシタール

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアラミドエチルジエチルアミンは皮膚刺激が低く目などの粘膜にも穏和。クシ通りを改善する効果を持つカチオン界面活性剤。
ステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
シクロメチコンは時間をかけて揮発するシリコーンで、展延性やさっぱりとした感触に優れます。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
アスコルビン酸(ビタミンC)が単体で配合されていますが、これでは肌に塗る前に酸化・分解して美白も抗酸化作用もほとんど期待できません。
ダイズ発酵エキスはグルタミン酸ポリマーを主体とする高粘度蛋白水溶液。
単なる被覆効果だけでなく、角質内部から天然保湿因子を産生させる効果があり、しっとりとした感触を与える。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
グレープフルーツ果皮油はリラックス効果、食欲を抑制する効果などを持つ芳香性の精油です。
ローズマリー油はシソ科・清涼感のあるすっきりした香りが特徴。集中力や記憶力を高める効果があるとされ、気持ちをはっきりさせたい時に使われる精油です。
ヒマシ油はこのままの形では肌がかぶれるケースが多く、最近の処方ではほとんど配合されることは少ないオイルです。

    ミュローナ モイスト トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:2
  • 安全性:3
  • 即効性 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/240ml
  • 価格/2625円
  • 1mlあたり/10.94円

ミュローナ モイスト トリートメント の宣伝文,商品説明:

カラーやパーマ後の髪に潤いを補いながら、しなやかな髪へと導くサロン仕様トリートメントです。
さわやかで透き通るリラクシングハーブの香り。