シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ナノアミノ トリートメント RO
(ニューウェイジャパン
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ナノアミノ トリートメント RO

ニューウェイジャパン


ナノアミノ トリートメント RO のオススメレベル

ナノアミノ トリートメント RO の解析結果

比較的保湿性重視のベース。


というか保湿重視です。
グリセリンから始まってほとんどが保湿性成分、油性成分となっております。
ケラチン、コラーゲン、擬似セラミド、トレハロース、ベタインなど、どれもしっかり保湿効果成分たちです。
水添レシチンもありますね。リポソームというカプセル構造を作り、必要な成分を必要なところまで運べる性質があり、これをDDS(ドラッグ・デリバリー・システム)といいます。
イソアルキル〜もキューティクルバリアのように保護作用を発揮してくれるでしょう。
ラウリル硫酸配合がちょっと優しくない。
全体的には結構レベル高い処方してます。
シャンプーとライン使いで使うことで効果をあげるでしょう。

[PR]

ナノアミノ トリートメント RO の全成分:

水、グリセリン、セテアリルアルコール、ジメチコン、水添ポリイソブテン、ベタイン、ベヘントリモニウムクロリド、イソノナン酸イソノニル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムサルフェート、脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル)、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、(C12-14)パレス-5、(C12-14)パレス-7、(C12-14)パレス-12、尿素、水添レシチン、トレハロース、ステアルトリモニウムクロリド、ベヘントリモニウムメトサルフェート、セタノール、アモジメチコン、1,2-ヘキサンジオール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウリル硫酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、エタノール、酢酸、酢酸Na、乳酸、トコフェロール、BG、香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
水添ポリイソブテンは油性基剤で、エモリエント性、増粘性、光沢を与える効果。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(エルデュウ PS-203)は疑似セラミドと呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿効果を発揮。ナノ化セラミドとも呼ばれ、保湿・浸透性が優れます。
イソアルキル(C10-40)アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート18-MEAを豊富に含むキューティクル保護成分。保湿、指通り改善に重要な役割を果たします。
尿素(ウレア)は浸透性の保湿作用や、タンパク質を分解する働きを付与。固くなった角質に有効だが、ノーマルな肌には過度に角質を薄くし敏感肌に導く可能性も。
水添レシチンはDDS(ドラッグデリバリーシステム)に使われるカプセル化、ナノテク素材です。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
ベヘントリモニウムメトサルフェートは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触を与えながら指通りを改善します。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ラウリル硫酸Naは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。

    ナノアミノ トリートメント RO の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 3
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:2.5
  • 持続性:2
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/250ml
  • 価格/2625円
  • 1mlあたり/10.5円

ナノアミノ トリートメント RO の宣伝文,商品説明:

髪1本1本にうるおい、やわらかな手ざわりを
ナノ化したアミノ酸系エモリエント成分(CMC類似体)とCMC(毛髪細胞膜複合体)の一部でキューティクルを保護する 18MEA(毛髪細胞間脂質)が、髪の内側まで浸透し、髪1本1本をケア。内側から潤って、ふっくらとやわらかい、しなやかでツヤのある美髪へ導きます。