シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ニーズプラス 育毛トリートメント
(イー・ケイ・コム
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ニーズプラス 育毛トリートメント

イー・ケイ・コム


ニーズプラス 育毛トリートメント のオススメレベル

ニーズプラス 育毛トリートメント の解析結果

育毛トリートメント、という視点で評価したら、最悪。


単に髪用のトリートメントだというなら、ありがちな平均的なコンディショナーという評価になる製品です。
ただし、頭皮にも何らかのメリットを得られるようなネーミングである以上、そのような条件(頭皮にも塗る)で見ていこうと思います。


真っ先にNGとなってしまうのが、ステアルトリモニウムクロリド。
ごく一般的なカチオン界面活性剤(洗濯でいえば柔軟剤)成分ですが、頭皮への刺激性、タンパク変性作用はシャンプーの比ではありません。
この種の成分がメインを張っているような製品を頭皮に塗ってはいけません。

それを差し引いたとしても、頭皮に塗ってメリットを感じられるようなものではなく、
単に髪を潤わせたり、さらっとさせたい、という意図しか感じられない設計です。

素材が頭皮にも髪にも平凡以下であるということが1つ。
そして、この内容で明らかに割高であるという点が2つ。
よって、なし。


[PR]

ニーズプラス 育毛トリートメント の全成分:

有効成分/ グリチルリチン酸ジカリウム  その他の成分/ 茶エキス-1、オウゴンエキス、アロエエキス-2、加水分解コラーゲン、水解シルク液、トレハロース、セタノール、トリエチルヘキサン酸グリセリル、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、ステアリルトリモニウムクロリド、シア脂、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、アルキル(12、14) オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl液、塩化アルキルトリメチルアンモニウム液、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、オレンジ油、ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル・DL-PCA 塩、BG、フェノキシエタノール、エタノール、pH調整剤

主な成分の解説をみるグリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
オウゴンエキスは抗酸化、保湿、抗炎症、抗菌、抗アレルギー作用。
アロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
シクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。

    ニーズプラス 育毛トリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 潤滑性 3.2
  • 効果の深さ:1.7
  • 補修力:1.9
  • 持続性:1.4
  • 安全性:1.4
  • 即効性 1.8
  • 費用対効果:1.3

  • 容量/250ml
  • 価格/3703円
  • 1mlあたり/14.81円

ニーズプラス 育毛トリートメント の宣伝文,商品説明:

オウゴンエキスとトレハロースの天然成分が髪と頭皮に潤いを与える育毛・養毛用薬用リンスです。洗浄後の髪や頭皮の状態を良好に保つために効果的な天然成分を配合しています。傷んだ髪の奥まで浸透し、しなやかな髪に仕上げます。医薬部外品。