シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
オーガニック グランドアスカ・ド・スパ タラソ ヘッドスパトリートメント
(アスカコーポレーション
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

オーガニック グランドアスカ・ド・スパ タラソ ヘッドスパトリートメント

アスカコーポレーション


オーガニック グランドアスカ・ド・スパ タラソ ヘッドスパトリートメント のオススメレベル

オーガニック グランドアスカ・ド・スパ タラソ ヘッドスパトリートメント の解析結果

目も眩むような成分の数が投入されているゴチャゴチャした一品。


詳しくは全成分をご覧頂ければ、と思いますが、
これだけ種類があると問題なのは1つ1つの配合量が必然的に少なくなり、効能を示すことができる有効濃度に達しない成分が続出。
結果的に、成分の見た目から期待される効能が何も得られないということになりかねない事態が容易に推測されます。

得てしてこのパターンの製品は配合されてる成分が結構イイんですが、7、8割引きにして見ていかないとならない場合も多いのです。

見どころをピックアップしていきますと、防腐をダイコン根発酵液でとっている点はマイルド。
乳酸桿菌系のエキスは本来の効能を最大限に引き出しているタイプですので、これは多少期待。

カラスムギ殻粒エキスは抗炎症、抗アトピー、女性ホルモン様作用。
プルーン分解物は、ビタミンA,C,E,B、葉酸、鉄分などミネラル分、ルテイン、βカロチン、ネオクロロゲン酸など抗酸化成分、ビタミン類が豊富に含まれています。
シクロペンタシロキサン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルはベタつかない使用感で皮膚を滑らかににし、保湿作用のある油剤。
ジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
ゼラニウムをはじめ、バラ系のオイルで香りを提供しています。

総合的には、保湿作用と整肌エキスを中心としたマイルドな一品で、

ベタつきを抑えた処方でもありますが、

如何せん髪のトリートメントということになるとさっぱりです。

まず、ダメージを選択的に補修する能力が低く、
エキス類も頭皮につけるのであれば保湿や抗炎症などを与えますが、髪には少しの保湿以上のことは何もなさそう。

頭皮にも使える的な要素を見せている分、髪に対して有効性が低くなってしまったようにも見えます。
前述の有効濃度の件もあり、残念ながら優れた製品とは言えないクオリティであると言わざるを得ません。

[PR]

オーガニック グランドアスカ・ド・スパ タラソ ヘッドスパトリートメント の全成分:

水(天然水)、ミリスチルアルコール(ヤシ等)、ベヘニルアルコール(ナタネ等)、ジメチルステアラミン(ヤシ等)、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス(ワサビ等)、乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキス(オリーブ等)、レウコノストック/ダイコン根発酵液(ダイコン等)、ラミナリアアオクロロイカエキス(ラミナリアアオクロロイカ)、クリスマムマリチマムエキス(クリスマムマリチマム)、アルニカ花エキス(アルニカ)、ツボクサエキス(ツボクサ)、ショウガ根エキス(ショウガ)、カミツレ花エキス(カミツレ)、リモニウムラティフォリウムエキス(リモニウムラティフォリウム)、アロエベラ葉エキス(アロエ)、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス(セイヨウシロヤナギ)、コメエキス(コメ)、緑藻エキス(緑藻)、褐藻エキス(褐藻)、紅藻エキス(海藻)、海シルト(海泥)、加水分解エラスチン(魚)、加水分解コラーゲン(魚)、プラセンタエキス(豚)、ヒアルロン酸Na(鶏)、ウマスフィンゴ脂質(馬)、海塩(海水)、オドリコソウエキス(オドリコソウ)、オランダカラシエキス(オランダカラシ)、ゴボウ根エキス(ゴボウ)、セイヨウアカマツ球果エキス(セイヨウアカマツ)、セイヨウキズタエキス(セイヨウキズタ)、ニンニクエキス(ニンニク)、ローズマリーエキス(ローズマリー)、ローマカミツレ花エキス(ローマカミツレ)、カラスムギ穀粒エキス(カラスムギ)、加水分解コムギタンパク(コムギ)、グリチルリチン酸2K(甘草)、クロレラエキス(クロレラ)、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液(ブドウ等)、スイカズラ花エキス(スイカズラ)、プルーン分解物(プルーン)、センチファリアバラ花エキス(バラ)、シア脂(シア)、ミリスチン酸(ヤシ等)、コメ胚芽油(コメ)、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル(ヤシ等)、イソステアリン酸ヘキシルデシル(ダイズ等)、ホホバエステル(ホホバ)、シクロペンタシロキサン(有機ケイ素等)、ジメチコノール(有機ケイ素等)、銅クロロフィリンNa(葉緑素等)、カプリン酸グリセリル(ヤシ等)、ラウリン酸ポリグリセリル-2(ヤシ等)、ラウリン酸ポリグリセリル-10(ヤシ、パーム等)、ポリクオタニウム-10(食物繊維等)、センチフォリアバラ花エキス(バラ)、ノバラ油(ノバラ)、ローズ油(ローズ)、ゼラニウム油(ゼラニウム)、キサンタンガム(植物デンプン等)、BG(植物デンプン等)、クエン酸(タピオカ等)、乳酸(植物デンプン等)

主な成分の解説をみる乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキスはわさびの根を乳酸桿菌で発酵し、効能を最大限に引き出したエキス。紫外線防止、抗菌作用が優れた成分です。
乳酸桿菌/オリーブ葉発酵エキスはオリーブの抗酸化作用を利用した天然の抗菌剤として働きます。
レウコノストック/ダイコン根発酵液は、菌の増殖を抑える作用があるため、肌を清潔に保ち、吹き出物など菌に起因するトラブルの予防にも有効とされています。
ラミナリアオクロロイカエキスはフランスブルターニュ地方に生息する海藻由来成分。皮膚細胞間のイオンバランスを調整し、新陳代謝を活性化する作用があります。
クリスマムマリチマムエキスはセリ科で別名アッケシソウの花・葉抽出エキス。コラーゲン産生促進、肌の弾力・ハリを再構築し、保湿、鎮静、抗炎症作用を付与。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
プラセンタエキスは保湿、抗アレルギー作用、線維芽細胞増殖促進作用。
スイカズラエキスは抗炎症・収れん、保湿効果を示し、肌荒れ、キメを整え潤いのある肌を作る効果。
センチフォリアバラ花エキスはバラの芳香と抗酸化作用、収れん作用を与えます。
シア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
コメ胚芽油はγ-オリザノールの美白作用、ビタミンEの40-60倍もの抗酸化作用、フェルラ酸の紫外線吸収効果、抗菌作用、リノール酸、オレイン酸のエモリエント作用を付与します。
ホホバエステルは感触の良さとタッチのユニークさを楽しめる素材。

    オーガニック グランドアスカ・ド・スパ タラソ ヘッドスパトリートメント の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 2
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3.5
  • 即効性 2
  • 費用対効果:3

  • 容量/110ml
  • 価格/2940円
  • 1mlあたり/26.73円

オーガニック グランドアスカ・ド・スパ タラソ ヘッドスパトリートメント の宣伝文,商品説明:

●海泥と海藻が頭皮の汚れを吸着し、清潔に保つトリートメントです。
●オーガニック成分が髪のダメージをやさしくケアします。