シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
オイリム ヘアオイルミスト
(スカイ・ラボラトリー
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

オイリム ヘアオイルミスト

スカイ・ラボラトリー


オイリム ヘアオイルミスト のオススメレベル

オイリム ヘアオイルミスト の解析結果

シンプルな設計のヘアオイルです。指通りの改善が見込めるでしょう。


とても上質、とは言えませんが、ダメージ部に働きかけて指通りを改善する能力はしっかりしているといえます。

総合すると、
目的としてはあまり長くない時間の中でさらっとさせることといえます。
高い持続性はありませんが、一定の時間ツヤと指通りを改善することができる刺激性の少ないリンス的性質の商品です。

[PR]

オイリム ヘアオイルミスト の全成分:

シクロペンタシロキサン、ミリスチン酸イソプロピル、アルガニアスピノサ核油、マカデミアナッツ油、ヤシ油、クオタニウム-18、クオタニウム-33、セラミド2、トコフェノール、コレステロール、BG、イソプロパノール、PG、水、香料

主な成分の解説をみるシクロペンタシロキサンは揮発性のシリコーンオイルで、さらっとした感触を残し、揮発していくので肌への残存感がありません。
ミリスチン酸イソプロピルは皮膚に浸透して保湿効果を与えるがサラっとした軽い感触が特徴。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、肌に馴染み良くタッチが良いオイルです。
クオタニウム-18は塩化ジアルキル(14-18)ジメチルアンモニウムというカチオン界面活性剤で、比較的低刺激性のコンディショニング効果を付与します。
クオタニウム-33は,エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEAを含む高いコンディショニング効果のカチオン界面活性剤。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
コレステロールは皮膚や毛髪の水分保持、バリヤ機能の保湿成分。

    オイリム ヘアオイルミスト の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2.5
  • 持続性:3
  • 安全性:3.5
  • 即効性 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/80ml
  • 価格/1500円
  • 1mlあたり/18.75円

オイリム ヘアオイルミスト の宣伝文,商品説明:

UVなどの酸化ダメージから髪を守り補修する、オイルミストのためのオイルを厳選ブレンドしたヘアオイルです。
クランベリーシードオイル、シアバター、アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)、マカダミアナッツオイル、ククイナッツオイル、ココナッツオイルを配合。
毛髪補修成分CMC、18-MEA配合。毛髪内の水分を保持して髪を強くしなやかに保ちます。
森の中のスパにいるような爽やかなボタニカルフルーツの香り。