シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
オリエンステラフランキンセンスコンディショナー03
(オリエンステラ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

オリエンステラフランキンセンスコンディショナー03

オリエンステラ


オリエンステラフランキンセンスコンディショナー03 のオススメレベル

オリエンステラフランキンセンスコンディショナー03 の解析結果

保湿と滑らかさに焦点を当てたコンディショナーです。


比較的質の高い潤い力で包み込み、即効性と浸透性にも優れたまずまずの一品。
コンディショナーと呼ぶには勿体無い程度に、能力はわりと高いタイプと言えます。

保湿効果、さらに潤滑性といった面でいえば充分に戦力になるであろう一品。
キューティクルに対して有効な成分が数多く含まれ、優れた、持続性を感じられる保湿効果を体感できるでしょう。
値段はそれなりに高く、良い製品ではあるが値段を考慮するともう少しあってもいいかな、というところ。
ただしかし、コンディショナーというよりトリートメントとして扱っていいくらいに質のいい製品です。

[PR]

オリエンステラフランキンセンスコンディショナー03 の全成分:

水,アロエベラ液汁,セテアリルアルコール,パンテノール ,分岐脂肪酸(C14-18) ,ベヘントリモニウムメトサルフェート,マカデミアナッツ脂肪酸エチル,ジメチル ステアラミン,加水分解ケラチン(羊毛),アルガニアスピノサ核油,ホホバ種子油, ブドウ種子油,PCA-Na,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa,加水分解ダイズタン パク,加水分解エンドウタンパク,カプリロイルグリシン,ソルビトール,ヒドロキ シエチルウレア,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム,脂肪酸(C14-28) ,乳酸,ヒドロキシエチルセルロース,ビルベリー葉エキス,キュウリエキス,カン ゾウ根エキス,ニュウコウジュ油,ラベンダー油,レモングラス油,グリセリン,クエン酸, 安息香酸Na,ソルビン酸K

主な成分の解説をみるアロエ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
分岐脂肪酸(C14-28)、脂肪酸(C14-28)18-MEA(メチルエイコサン酸)という毛髪キューティクルを接着する役目の脂質。
ベヘントリモニウムメトサルフェートは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触を与えながら指通りを改善します。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ブドウ種子油は軽いタッチが特徴のオイルでリノール酸、トコフェロールを多く含み、抗酸化作用を特徴とします。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ヒドロキシエチルウレアは低刺激の尿素誘導体で、持続性の高い保湿、キューティクル平滑効果を付与。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。

    オリエンステラフランキンセンスコンディショナー03 の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.2

  • 潤滑性 3.5
  • 効果の深さ:3
  • 補修力:3.5
  • 持続性:3
  • 安全性:3.5
  • 即効性 3.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/242ml
  • 価格/2940円
  • 1mlあたり/12.15円

オリエンステラフランキンセンスコンディショナー03 の宣伝文,商品説明:

美容オイルとしても効果的なアルガンや、ホホバなどのオーガニックオイルを始め、毛髪の表面(キューティクル)に存在する脂質、
18-メチルエイコサン酸や毛髪主成分ケラチンタンパクを高配合し、パーマやカラーによる科学的ダメージや乾燥を補修し、細くコシのない髪に、ハリとツヤを与えます。
またペジタブルプロテインやペリセアを配合し、やわらかくハリコシのない髪をさらに強化し、潤いを与えます。
香りはフランキンセンスをベースに、ラベンダー、レモングラスを合わせた独特のエキゾチックな香りです。