シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
パンテーン クリニケア ハリ・コシが足りない髪用 コンディショナー
(P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

パンテーン クリニケア ハリ・コシが足りない髪用 コンディショナー

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル)


パンテーン クリニケア ハリ・コシが足りない髪用 コンディショナー のオススメレベル

パンテーン クリニケア ハリ・コシが足りない髪用 コンディショナー の解析結果

やや肌にやさしい穏やかなコンディショナーです。


ただ、ハリ・コシと名付けるほどボリュームを再生するとは言い難い内容とも。

全体を通して言えるのは肌にマイルド。そこはしっかり意識していると思います。
ただ、コンディショナーとしては三流といえる低い効能で、
穏やかであることと引き換えにコンディショニング効果は捨てたような作り。
一定のサラサラ感は感じられても、長続きするようなしっかりしたカバー力ではありません。

[PR]

パンテーン クリニケア ハリ・コシが足りない髪用 コンディショナー の全成分:

水、セタノール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ステアリルアルコール、クオタニウム-18、香料、ビスアミノプロピルジメチコン、ヒドロキシプロピルグアーガム、セテアリルアルコール、ベンジルアルコール、ステアリン酸グリセリル、オレイルアルコール、ポリソルベート60、クエン酸、EDTA、パンテノール、バンテニルエチル、リシンHCI、メチルチロシンHCI、ヒスチジン、アンズ核油、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

主な成分の解説をみるステアラミドプロピルジメチルアミンは3級のカチオン界面活性剤で、肌への刺激が抑えられていますがコンディショニング効果は低い成分。
クオタニウム-18は塩化ジアルキル(14-18)ジメチルアンモニウムというカチオン界面活性剤で、比較的低刺激性のコンディショニング効果を付与します。
ビスアミノプロピルジメチコンはジメチコンの両末端をアミノプロピル基を置換した構造で、エモリエント性と滑らかさを与えます。
その他僅かに
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
パンテニルエチルは広く使われているプロビタミンで、毛髪の持続的な潤い、ツヤをあたえる。
リシンHClはほとんどのたんぱく質の構成アミノ酸の1つとして存在。保湿効果。
メチルチロシンHCIは、フェニルアラニンが元となっているアミノ酸の一種で、髪のメラニンを作っているのがこのチロシンです。
ヒスチジンは塩基性アミノ酸の一種。天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸です。
アンズ核油は杏仁豆腐にも使われる甘い香りのオイルで、エモリエント効果を付与するオイルです。

    パンテーン クリニケア ハリ・コシが足りない髪用 コンディショナー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:1.5
  • 補修力:1.5
  • 持続性:1.5
  • 安全性:3.5
  • 即効性 1.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/550ml
  • 価格/1835円
  • 1mlあたり/3.34円

パンテーン クリニケア ハリ・コシが足りない髪用 コンディショナー の宣伝文,商品説明:

髪1本1本の根元のコシに注目したリンス(ハリ&コシ用)です。
髪に自然なボリューム感とハリを出します。
根元には自然なボリューム、毛先はまとまる立体的な髪へと導きます。
髪の表面をしっかりコートすることで、なめらかな手ざわりとツヤを髪に与えます。
重くならない軽やかな仕上がりです。