シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ゼニア PHC トリートメント(セラミド)
(ブライ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ゼニア PHC トリートメント(セラミド)

ブライ


ゼニア PHC トリートメント(セラミド) のオススメレベル

ゼニア PHC トリートメント(セラミド) の解析結果

徹底保湿


脂肪酸(10-30)(コレステリル/ラノステリル)、セラミド4種、スクワラン、トレハロースなど、肌本来の保湿成分を再現するような構成を採っています。

(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)の架橋型コーティング、平滑作用で乾いたあとの仕上がりがさらさら。

シルク、ホホバ、ベースのジメチコン、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドもさらさら感を与えます。


総合すると
滑らか、潤いトリートメントでまずまず質の良い一品です。

セラミドなどはあってもなくても使用上の感触はほとんどない成分で、しかも配合するのに技術がいるものですが、惜しげもなく配合しているあたりが好感持てます。
使用感がなくても本来髪をバリヤしているように、重要な保護、保湿という役割をします。
髪の乾燥が気になる方にはしっかりした効果を感じられることでしょう。

[PR]

ゼニア PHC トリートメント(セラミド) の全成分:

水,ジメチコン,セタノール,ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド,DPG,脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル),オリーブ油,スクワラン,トレハロース,グリコシルトレハロース,加水分解水添デンプン,セラミド1,セラミド3,セラミド6,フィトスフィンゴシン,コレステロール,加水分解シルク,ホホバ油,(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー,ヒドロキシエチルセルロース,ベヘントリモニウムクロリド,ベヘニルアルコール,ステアリルアルコール,キサンタンガム,カルボマー,ラウロイル乳酸Na,変性アルコール,メチルパラベン,プロピルパラベン,香料

主な成分の解説をみるジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、シリコーンとの相性が非常によく、すすぎ時の柔軟性、指通りと、乾燥後にまとまりのあるさらさら感を付与。
脂肪酸(C10-30)(コレステリル/ラノステリル)は皮膚や毛髪に密着して乾燥をふせぐ保湿剤として、また柔軟性や弾力を与える効果があります。
オリーブ油は”水油”と呼ばれるように、液体の油で肌や髪に少し浸透してエモリエント感を持続させます。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
セラミド1はN-フィトスフィンゴシンで、細胞間脂質の結合を強化する。ユニークな構造を持ち、皮膚の弾力性や抗シワ、乾燥肌の改善効果を与える。
セラミド3はN-ステアロイルフィトスフィンゴシンという名称で、とくに皮膚角層の保湿性を維持するセラミドの一種です。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー(Protesil LH)はシルクとPGシラン化合物の架橋型ポリマーで、しっとり&さらさらな感触。ビルドアップせず、カラーロック効果も。
ヒドロキシエチルセルロースはセルロース誘導体の一種で、粘度の調節、着色料の沈殿防止、接着力の増強などの目的で配合されます。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。

    ゼニア PHC トリートメント(セラミド) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.5

  • 潤滑性 4
  • 効果の深さ:3.5
  • 補修力:3.5
  • 持続性:3.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 4
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/200ml
  • 価格/2000円
  • 1mlあたり/10円

ゼニア PHC トリートメント(セラミド) の宣伝文,商品説明:

天然セラミドとシルククロスポリマーにより、CMC(毛髪細胞被膜複合体)を保護し、
水分を貯えツヤと潤いのある髪を作ります。