シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ケアトリコ プリヴィ トリートメント モイストスリーク
(アリミノ
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ケアトリコ プリヴィ トリートメント モイストスリーク

アリミノ


ケアトリコ プリヴィ トリートメント モイストスリーク のオススメレベル

ケアトリコ プリヴィ トリートメント モイストスリーク の解析結果

保湿性を吸着させるトリートメント。


クオタニウム−33、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、シリコーン類の構成で滑らかさを表現していますが、
いまひとつパンチの弱い部分は否めない。

どうも、シリーズの中では控え目といった印象の効力にとどまる一品でしょう。

作用が弱いわけではありませんが、あえてこれを選ぶ理由に乏しい中途半端な出来の一品。

[PR]

ケアトリコ プリヴィ トリートメント モイストスリーク の全成分:

水、セタノール、グリセリン、ステアリルアルコール、ステアリルトリモニウムブロミド、ジメチコン、イソノナン酸イソノニル、ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、コレステロール、クオタニウム-33、テオブロマグランジフロルム種子脂、ガリカバラ花エキス、サトウキビエキス、デキストリン、シクロデキストリン、クオタニウム-18、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、ベヘニルアルコール、イソプロパノール、アモジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、ラノリン脂肪酸オクチルドデシル、ジステアリルジモニウムクロリド、ジメチコノール、乳酸、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、エタノール、セテス-20、PG、BG、クエン酸Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるステアルトリモニウムブロミド(4級カチオン界面活性剤)は静電気防止、指通り改善、ダメージ部の疎水性を復元し、シリコーン類の定着を促進。比較的低刺激。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
コレステロールは皮膚や毛髪の水分保持、バリヤ機能の保湿成分。
テオブロマグランジフロルム種子脂クパスオイルと呼ばれ、抱水力はラノリン以上。チョコレートの原料にも使われるリッチなオイルです。
ガリカバラ花エキスは天然色素としてよく用いられる成分で、整肌作用を目的に使われることも。
サトウキビエキスイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。
ベヘントリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、しっとりした感触の柔軟剤です。
ジステアリルジモニウムクロリドはカチオン界面活性剤として髪への吸着性がよく保護作用が高い。抗菌作用も持つ。
ジメチコノールは親和性が向上し、しっとりした感触を与えます。
ジココジモニウムクロリドはヤシ油脂肪酸にプラスイオンを付加して作られるカチオン界面活性剤。しなやかに指通りを改善し、静電気抑制効果を付与。
ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)はリンスでおなじみ柔軟剤成分ですが、刺激性がとても強く、強いタンパク変性作用を有するため頭皮につけたり、洗い流さない製品への配合はNG。

    ケアトリコ プリヴィ トリートメント モイストスリーク の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 潤滑性 2.5
  • 効果の深さ:2
  • 補修力:2.5
  • 持続性:2.5
  • 安全性:2.5
  • 即効性 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/210ml
  • 価格/2100円
  • 1mlあたり/10円

ケアトリコ プリヴィ トリートメント モイストスリーク の宣伝文,商品説明:

ケアトリコ プリヴィ モイストスリークは、ツヤがなく、パサつきやすい髪の方に。
髪の芯から満ちてくる潤いで、触りたくなるしなやかさを。
ダメージを受けた水分保持機能CMCを補修し、素早く水分を補給することで、潤いに満ちたしなやかな髪に導きます。