シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム

ピュアハニー コンディショナー

マイスター

ピュアハニー コンディショナー

ピュアハニー コンディショナーの格付け

★★
☆☆☆

コーティング力 : △
保水性 : △
強度アップ度 : X
まとまり力 : △
1mlあたり約7.5 円
400 ml/3024 円

ピュアハニー コンディショナーの解析結果

ハチミツと意外に持続性のあるコンディショニング効果が特徴。


メインのハチミツを軸にしたエモリエントタイプのコンディショナーです。
ペリセアの配合でハリ・コシ、コーティング・補修能が付与されていて、
肌にマイルドながら比較的バランスの良い仕上がりと言える設計になっています。

抜群のダメージ修復能などは無縁ですが、穏やかに、しなやかに髪を整える効果が案外悪くない一品と見られます。

ただ、残念ながら価格は効果に見合ったものと言いづらいのが残念。

肌ケア効果のエキスがたくさん配合されていますが、頭皮につけるのはカチオン界面活性剤のデメリットが大きくNG。


主な成分の解説

ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ジメチコンは最も代表的なシリコーンオイル。透明、無臭、化学的・熱的安定性、透湿性、撥水性、潤滑性に優れた不揮発オイル。
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤で、シリコーンとの相性が非常によく、すすぎ時の柔軟性、指通りと、乾燥後にまとまりのあるさらさら感を付与。
ベヘナミドプロピルジメチルアミンは3級カチオン界面活性剤で低刺激ですがコンディショニング効果は高くない成分。
加水分解ハチミツタンパクはハチミツの中の微量のたんぱく質を抽出した成分で、肌のキメを整え透明感を与える整肌作用を与えます。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。
ショウガ根エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、抗菌作用、血行促進作用、免疫増強作用、発汗作用。
ゴボウ,サボンソウ,セイヨウオトギリソウ,セージ,トウキンセンカ,ホップ,レモンエキスは抗菌作用、リパーゼ活性阻害作用を付与。
アモジメチコンはアミノ変性シリコーンで、毛髪を艷やか、滑らかな指通り性を向上させ、ドライヤーによる乾燥時間を短縮しダメージ軽減。

ピュアハニー コンディショナーの全成分:

水、ステアリルアルコール、ハチミツ、ジメチコン、グリセリン、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、ベヘニルアルコール、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ペンチレングリコール、セタノール、加水分解ハチミツタンパク、ヒアルロン酸Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、加水分解シルク、ホホバ種子油、アラントイン、ショウガ根エキス、ゴボウ根エキス、レモン果実エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オランダカラシ葉/茎エキス、アモジメチコン、パルミチン酸エチルヘキシル、乳酸、ポリクオタニウム-10、BG、PEG-6、PEG-32、カラメル、フェノキシエタノール、香料

ピュアハニー コンディショナーの宣伝・商品説明文:

ハチミツに加え、ダメージケアのための保湿成分を配合。
水分と油分のバランスを整え、根元からふんわりとツヤのある毛髪へ。