シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ロレッタ ムルムルバター
(ベーネコスメティクス 
) トリートメント解析ドットコム
[PR]

ロレッタ ムルムルバター

ベーネコスメティクス


ロレッタ ムルムルバター のオススメレベル

ロレッタ ムルムルバター の解析結果

ムルムルと、潤滑バター。


シアバターとムルムル(ヤシの一種)バターをベースにしたヘアオイルであり、
しっとりと潤いを感じさせる仕上がりが特徴。

さらりとはせず、若干のベタつき感も残すことになりそう。
そういった感触よりも、例えばボリュームダウン効果などしっとりまとめることを重視したい場合に重宝するでしょう。


[PR]

ロレッタ ムルムルバター の全成分:

シア脂、アストロカリウムムルムル脂、バオバブ種子油、ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ油、ラベンダー油、パルマローザ油

主な成分の解説をみるシア脂は、中央アフリカに分布するシアの種子から得た脂肪で、紫外線吸収、毛髪の滑り感低下抑制、キューティクル保護、毛髪強度向上、血行促進効果を付与。
アストロカリウムムルムル脂はヤシの一種から得た精製ムルムルバターと呼ばれる脂で、高い保湿性とコンディショニング効果を与えます。
バオバブ種子油は、γ-リノレン酸,ビタミンA,D,Eやトリグリセライドを豊富に含み、乾燥やアレルギー肌、ダメージ毛に有効なオイルです。
ダマスクバラ花油はブルガリアの稀少なバラ精油で、リラックス、女性ホルモン様作用、脳の活性化、消化器の活性化、更年期障害の軽減、汗、加齢臭を軽減、異性を惹きつける効果。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
パルマローザ油はゼラニウムを穏やかにしたような柑橘系の香りが特徴で、気分リフレッシュ効果、鎮静効果を与えます。